1. まとめトップ
  2. 雑学

人に話したくなる!!17年の干支『酉』についての雑学まとめ

今日から使える雑学をご紹介!

更新日: 2016年12月26日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
101 お気に入り 82341 view
お気に入り追加

2017年はご存知、酉年です

鳥は人に時を報せる動物です。また、「とり」は「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支です。

干支は十干と十二支を組み合わせたもので作られているので、2017年はただの酉年ではなくて、「丁酉(ひのととり)」の年と言った方が正確。

今年は丙申だった覚えがあるから来年は丁酉ってことか。60年周期、生きてるうちに次はないと思うとなんだか特別な一年に感じられる、気がする。

▼そもそも「鶏」や「鳥」ではなく「酉」なのはなぜ?

十二支はそれぞれの月を示すときにも使われていたことが関係しているらしい。

酉は十二支の中では10番目で、この月は酒作りの時期を重なることから「酉」の字が使われたよう。

酉に限らず、十二支に当てられた文字はもともと庶民には馴染みがないものだったため、それを覚えやすくするために馴染みのある生き物が割り当てられました。

▼そんな酉に関係する有名なフレーズのルーツがここにあった!

干支ではサルとイヌの間に挟まれています。これは、12支を決めるために神様の御殿に向かっていた際、サルとイヌが喧嘩しながら向かっていました。

喧嘩しながらも間に酉が仲介に入り、何とか御殿までたどり着きました。

来年は酉年です ご存知の通り申と戌の間に位置します 昔から犬猿の仲と耳にしますが鳥はその二匹の仲を取り持つとされています そう鳥だけに!取り(鳥)持つ!鳥だけに! なんつって!なんつって!

来年酉年だけどさ 干支の並び的になんで犬猿の仲を仲裁するかの如くニワトリが割って入ってるんですかね

▼ここからは酉である鶏について・・・

ニワトリはとさかの大きさや形で性別を見極め、さらに同族かどうかを見分けているのです。

間違って違う種類のニワトリと交尾して雑種を作ってしまわないためだそうです。

何という・・・鶏は見極めていたんですね

1 2 3





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。



  • 話題の動画をまとめよう