1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イモトアヤコ?一番上手いのはだれ?女優業へ進出した「女芸人」10人

お笑いの中で培った演技力により、伊東四朗や竹中直人など芸人出身の名優は多い。近年は「女芸人」も多数女優業へ進出。海外の映画賞を受賞した大島美幸や朝ドラで絶賛された友近、「脱」太眉で女優に挑んだイモトアヤコなど。来年の大河『おんな城主 直虎』には光浦靖子も登場。気になる女優兼「女芸人」をまとめた。

更新日: 2019年06月12日

41 お気に入り 372298 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆実は女優の素質がある「女芸人」

ネタで培った演技力もあり、見た目にも自然に視聴者に受け入れられる女芸人は、役によってはプロの女優も敵わない最高の“女優”としての素質を持っている。

お笑いというのは一種の“芝居”でもある。役割を演じる、間をとる、空気を読むといった演技の場で必要不可欠な要素を、芸人としての仕事の中で常に実践。

「女芸人は専任女優に比べてギャラが安いうえに、自分を捨てて役に飛びこむ能力が高い。」(映画製作スタッフ)

「女芸人さんは、演技力にとどまらず、その雰囲気や存在感だけでも十分に本職の俳優さんを超えてしまうことがあります。」(ドラマ制作会社スタッフ)

◆名女優・泉ピン子もかつては「女芸人」だった

『ドクターX』(2016)

久保東子 役:泉ピン子(左)

伝説の朝ドラ『おしん』や『 渡る世間は鬼ばかり』を経て、女優として不動の地位を築いた

芸能界のご意見番、泉ピン子。日本を代表する女優の一人ですが、実はウクレレ漫談で有名な牧伸二に弟子入りし、『三門マリ子(みかど・まりこ)』という芸名で歌謡漫談家として活動していた。

「テレビ三面記事 ウィークエンダー」に欠員が出たため抜擢され、名物リポーターとして大ブレイク。

◆これまでに実績を残してきた「女芸人」

▼おっさん役で世界的に評価された「大島美幸」

『福福荘の福ちゃん』(2014)

初の映画主演作となる同作で、“バカ”がつくほどいい人だけど、年齢=彼女いない歴32年の福田辰男を演じた大島。役作りのために頭を刈り上げ丸刈りで撮影に臨んだ。

その演技は「第18回ファンタジア国際映画賞最優秀女優賞」を受賞するほど高く評価された。

カナダ・モントリオールで開催

福福荘の福ちゃん、見た。大島美幸すごい! 自然に男だったw 女優って言いたくないねww

⇒少なくとも2014年の日本映画で、この映画の大島美幸を超える演技をした女優、誰もいないだろう。なんでアカデミー主演女優賞とらなかったんだ??・・っていうか、ノミネートすらされてないんじゃね?同年のモントリオールファンタジアではちゃんと主演女優賞獲ってるのに!!

▼アカデミー賞女優「山崎静代」

『フラガール』(2006)

熊野小百合 役:山崎静代(右)

今回が本格女優デビューとなる南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんも「元々女優気質だったかな。泣くシーンもありますが、泣きの演技で全米を泣かせたい。」と場内を沸かせていました。

南海キャンディーズ・山崎静代は映画「フラガール」で第30回日本アカデミー賞の新人俳優賞。

映画「フラガール」をDVDで観た。泣ける映画だとは聞いていたが,こんなに感動するとは・・・。昭和40年代,福島の炭鉱町のうら寂しい風景と,フラダンサー達の情熱が,見事に昇華している。これが実話だなんて・・・。蒼井優の演技には脱帽。岸辺一徳や静ちゃんの演技も特筆ものだった。

フラガール、吹替で観ても良い映画だった。松雪泰子さんも蒼井優さんも美しい。それに静ちゃんの演技も表情も実にすばらしい。紀美子の兄(豊川悦司)が借金取りを追い払う場面が韓国版ではカットされていたのは、おそらく暴力シーンという扱いゆえ。

▼名脚本家・中園ミホに評価された「近藤春菜」

『花子とアン』(2014)

白鳥かをる子 役:近藤春菜

『花子とアン』『Dr.倫太郎』(2015)共に中園ミホ脚本で、演技力が評価されての再起用だという

NHK朝ドラ『花子とアン』。第7週では、主人公の先輩役・白鳥かをる子を演じるハリセンボンの近藤春菜を高く評価する感想も多かった。とくに女性からの支持が厚く、好印象の様子。

『Dr.倫太郎』では、近藤春菜が会社でのイジメに耐えかねて自殺未遂を繰り返すOL役を好演していて、「ピーピーもらい泣きした」「演技が凄くて鳥肌が立った」などと、ネットでも大絶賛された。

「花子とアン」でロミオとジュリエットの練習に参加しない仲間由紀恵さんに代わってハリセンボンの近藤春菜さんがおかめメイクで熱演していた。ものすごく笑えた。もしかしたら近藤春菜さんは渡辺えりさんを超える大物女優に成長するかもしれないと思いました。

Dr.倫太郎で、ハリセンの近藤春菜さんの演技を見た時、あぁこの人は表現に対してなんて誠実な人なんだろうって思いました。 ただただ一生懸命なのが伝わるんですよね。 ただただ一生懸命役を生きようとしてた。 だから評価されたし、たくさんの人が胸を打たれたんですよね。

▼朝ドラでの女中役が絶賛された「友近」

1 2 3