1. まとめトップ

覚えてる?神木くんが父になる『11人もいる!』

『君の名は。』や『3月のライオン』など、子役から完全に脱して大活躍中の神木隆之介。好感度も高く、さわやかな印象の彼だが、実は女の子を妊娠させ父親になるドラマがあった。それが宮藤官九郎脚本『11人もいる!』。大ブレイク前の『逃げ恥』星野源、有村架純、高橋一生らも出演していた、今見ると貴重なドラマ。

更新日: 2019年03月22日

6 お気に入り 122028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆子役から完全脱皮し、大活躍中の神木くん

『3月のライオン』(2017年公開予定)

主演:神木隆之介

神木隆之介といえば子役時代から天才的な演技と評判の俳優です。「子役は大成しない」という俗言をはね除けて20代になった彼はますます魅力にあふれています。

どんな役にでも変幻自在だ。その振り幅の大きさを活かし、ひとつの作品のなかで別人のように変貌する役柄も増えている。

歴史的大ヒットを遂げたアニメ映画『君の名は。』で主人公・立花瀧の声を演じ、高い評価を得た。邦画歴代興行収入ランキング1~3位の作品全てに参加しているという事実も彼のスゴさを物語っている。

3作品=『千と千尋の神隠し』『君の名は。』『ハウルの動く城』

◆礼儀正しく謙虚な姿勢で、好感度も抜群

佐藤健と神木隆之介

神木きゅんの愛称で親しまれる神木くんは、芸能界で一度でも仕事をした人を虜にしてしまうという

ネット上での人気も高く、批判やアンチコメントがほとんど見当たらないのも特徴だ。実力派ゆえの好感度、もと子役ならではの愛され度に加え、本人の知的で嫌味のないキャラクターのおかげでもある。

大根仁監督「とにかく人懐っこくてピュア。20歳すぎてあんなに爽やかに『おはようございます』って朝の挨拶ができる人を見たことがありません。それを全ての現場スタッフにやれるのが素晴らしい。」

神木「僕自身には愛されたいって意識はないのですが、神木家の家訓として『素直なかわいい人間でありたいよね』というのがあるんです。」

◆そんな神木くんが子役からの脱皮を図ったドラマ『11人もいる!』

『11人もいる!』(2011)

俳優の神木隆之介(18)が、『11人もいる!』(毎週金曜 後11:15 テレビ朝日系)で約4年ぶりに連ドラ主演。

仕事のない父と家庭的で貞淑な妻、8人の個性豊かな子供たちによる計10人の貧乏一家に、末っ子のみ見ることができる謎の11人目が加わり、奇想天外な家族劇。

天才子役から脱皮しつつある「神木龍之介」を主役に据え、とんでもなく弾けさせ。

◆神木くんが貧乏家族を支え奮闘 が、「繁殖力」が強かった

神木が演じるのは、高校3年生にして大家族の問題を一人で背負い込む長男・真田一男。長男は家族のために犠牲になるものと思い込み、家計を助けるため進学も諦めてバイトを掛け持ち。

寝る間も惜しんで働く一男は、「なんで俺だけが……」と日に日に不満をつのらせる。

バイト先の先輩 ・ソアラ(野村麻純)に誘われるまま、勢いでベッドインしてしまった一男(神木隆之介)。ソアラに妊娠したと告げられ、驚きのあまり動揺を隠せない一男。

神木隆之介と野村麻純

先週の「11人もいる」見てた。神木くんもベッドシーンをやるようになりましたか

神木隆之介のドラマで1番最初にガツンと来たものは、「11人もいる!」でした。 8人きょうだいの真面目長男で、父親に童貞とからかわれて、勢いでバイト先のヤンキー女とヤッて1発で妊娠させるという親譲りな繁殖力を発揮させるという話を妙齢な神木隆之介はどういう心境で演じてたのか気になる。

◆脚本は今や大御所の宮藤官九郎

宮藤官九郎

朝ドラ『あまちゃん』(2013)で社会現象を巻き起こし、2019年の大河ドラマ脚本も担当決定

コミカルとシュールの融合に注目が集まった本作。家族の在り方について、宮藤さん目線で斬新に切り込んだ一作になっています

家族愛や絆なんて言葉は似合わない、ちぐはぐでバラバラに見える真田家(と幽霊)を観て笑っていたはずが、いつの間にやら家族っていいよねに変わっている。なんだこのマジック。

宮藤官九郎さんの脚本って、「11人もいる」のころから、どんどん球筋のいい直球になってる気がする。みんなが大好きな「小ネタ」の玉ねぎの皮をくるりとむくと、なかは、とてもシンプルで普遍的な真実が隠れてる。

『11人もいる!』後半観終わった。 出てくるキャラ殆ど、どこか人格破綻してるんだけど、私を含め現実世界も同じで完璧な人はいない。そこが宮藤官九郎さん脚本の真骨頂。特に“長男背負い込み性症候群”の神木くん。面倒臭くて残念。だが、そこがいい。

1 2