たとえば今回の三浦九段の一件はかなり前から問題視されており、何人か集まればだいたいその話題になります。はっきりと疑念や不満を言って感情を露にする棋士、それを諌める棋士、何も口にせず眉をひそめる棋士…その誰もが、言いようのない不安と戦っているように感じられました。

返信 リツイート いいね

観戦記者の後藤元気氏によればこの件はかなり以前から問題視されていたという。「何人か集まれば必ずその話題になった」そうである。しかし、この証言については上野裕和五段が否定的な見解を示していた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

なんの証拠もなかった…将棋界のソフトカンニング事件に衝撃の結末

プロの将棋棋士である三浦弘行九段が対局中にソフトを不正使用した疑惑について驚くべき発表がありました。日本将棋連盟が設置した第三者委員会によれば、なんと不正の証拠は一切見つからなかったというのです。このニュースに将棋ファンには動揺が走っています。

このまとめを見る