疑惑の発端となったのは、三浦九段に対して複数の棋士から「対局中に不自然な離席が多い」「将棋ソフトと指し手の一致率が高い」といった指摘があったこと

出典将棋のスマホ不正疑惑に「証拠なし」の判断 第三者委「不正認定の根拠とすることはできない」 - ねとらぼ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

なんの証拠もなかった…将棋界のソフトカンニング事件に衝撃の結末

プロの将棋棋士である三浦弘行九段が対局中にソフトを不正使用した疑惑について驚くべき発表がありました。日本将棋連盟が設置した第三者委員会によれば、なんと不正の証拠は一切見つからなかったというのです。このニュースに将棋ファンには動揺が走っています。

このまとめを見る