出典 www.sbbit.jp

将棋界を揺るがしたカンニング事件の真相

2016年10月、将棋界のトップ棋士である三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正使用したという衝撃的なニュースが流れた。これは初のソフトカンニング事件であり、性善説に則ってこれといったルールを設けていなかった将棋界に大きな衝撃を与えることとなった。その後、将棋連盟は第三者委員会を設置し、事実の解明を依頼したが、昨日発表された事件の真相は驚くべきものであった。なんと、不正の証拠は一切見つからなかったというのである。

この情報が含まれているまとめはこちら

なんの証拠もなかった…将棋界のソフトカンニング事件に衝撃の結末

プロの将棋棋士である三浦弘行九段が対局中にソフトを不正使用した疑惑について驚くべき発表がありました。日本将棋連盟が設置した第三者委員会によれば、なんと不正の証拠は一切見つからなかったというのです。このニュースに将棋ファンには動揺が走っています。

このまとめを見る