1. まとめトップ

いざ婚約指輪を探そうとしてお困りの声・・・

婚約指輪初めて見に行ったけどこんなに疲れるとは、、、楽しかったけど選べない_(:3」∠)_

みんな、婚約指輪って、どうやって決めてるんだろうか?!?!? あり過ぎで、選べない。。。。

婚約指輪をいざ選ぶとなっても、
「どこのブランドも似たようなデザインばかりで、どうやって選んだら良いのかわからない」
という方は多いようです。

そんな中でも、
「一生ものの婚約指輪だから、本物のダイヤモンドにこだわりたい」
といった思いをお持ちの方のためにダイヤモンドについて基礎知識をまとめました。

婚約指輪を選ぶ前にダイヤモンドについて知ろう!

■ダイヤモンドは“輝き”が命

ダイヤモンドには3つの輝きの効果があり、チカチカとした輝きで表面反射による「シンチレーション」、 白く強いきらめきで、ダイヤモンド内では光が反射した「ブリリアンシー」、虹色の輝きである「ディスパーション」の3種類。これら3つの輝きの相乗効果でダイヤモンドが美しく輝く。

輝きの種類だけでも
「シンチレーション」
「ブリリアンシー」
「ディスパーション」
と3種類も名前がついています。

ダイヤモンドでは美しく光り輝くものほど品質が高いとされていることがわかります。

■英語で“輝き”を表す「ブリリアンス+」というブランドも

ブリリアンスとはダイヤモンドなどの宝石の輝きのことをいいます。例えば、ダイヤモンドに入った光線は全て屈折や反射してテーブル面(研磨されたダイヤモンドの上部)へと出て行きます。このときの輝きをブリリアンスといい、ブリリヤンシーとも呼ばれます。

■ダイヤモンドの評価基準『4C』

現在では、ダイヤモンドの品質の4Cは、世界中でいかなるダイヤモンドの価値も判定することのできる4つの資質を表す普遍的な用語となっています。

「ブリリアンス+」のダイヤモンドも含め、今や世界中どんなジュエリーショップでも『4C』という基準に沿って第三者機関がダイヤモンドを鑑定しています。

よく聞く単語「4c」
4CとはCut(カット)Color(カラー)Clarity(クラリティー)Carat(カラット)の4つを表しております。
この4Cによって価格や評価が変わってきます。

『4C』というのはダイヤモンドを評価する要素のことで、次の4つを指します。

*カット(輝き)
*カラット(重さ)
*カラー(色)
*クラリティ(透明度)

以下で詳しく説明します。

■『4C』を定めているのは、GIA(米国宝石学会)

ジェモロジカル・インスティテュート・オブ・アメリカ、略称GIAは、カリフォルニア州のカールスバッドに本校を構える世界的な宝石学教育機関と鑑別・鑑定機関、更に鑑定に関する研究を行っている研究所からなる。日本語では「米国宝石学会」と記す。 カリフォルニア州からの助成金交付を受ける非営利団体。

このGIAという宝石研究機関が『4C』の基準を定めています。

カット(輝き)とは?

ダイヤモンドのカットは形状のことだと思われがちですが、実際はダイヤモンドのカットグレードとはダイヤモンドのファセットが光といかに良く相互作用するかを評価するものです。

カットの仕方次第で光の入り方が全然違ってくるので、
光を最大限に取り入れ反射させるカットをすると最もダイヤモンドが輝きます。

カラット(重さ)とは?

ダイヤモンドやその他の宝石の重量の標準単位であるカラットは、イナゴ豆(carob)の種子がその名の由来です。

婚約指輪では平均0.2~0.4カラットのダイヤモンドを購入される方が多いようで、
その直径はおよそ3.8~4.8cmです。

カラー(色)とは?

ほとんどの宝石品質のダイヤモンドのカラーグレードは、どの程度無色であるかが基準となります。

ダイヤモンドのカラーにおいては、無色に近づくほど高く評価されます。

クラリティ(透明度)とは?

ダイヤモンドのクラリティとはインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(傷)が無いことの程度を表します。

ほとんどのダイヤモンドには、内部にをよく見ると内包物や傷があり、無傷のダイヤモンドは大非常に稀少です。

■一生もののダイヤモンドと出会うために!

婚約指輪を購入する際にはほとんどの人がダイアモンドを装飾石として選びます。
一生ものの婚約指輪ですので、あなたの納得のいく値段で納得のいくダイヤモンドを手に入れてください。
そのためには、きちんとダイヤモンドについて理解して、指輪選びをしましょう。

1





pomupuri07さん