茨城・震度6弱の地震(津波の心配なし)

12月28日 21時38分ごろ茨城県などで震度6弱の地震が発生しました。

更新日: 2017年04月18日

12 お気に入り 110048 view
お気に入り追加

茨城で震度6弱の地震

12月28日 21時38分ごろ茨城県などで震度6弱の地震が発生。
震源地は茨城県北部で、震源の深さは約10km、マグニチュードは6.3と推定。
この地震による津波の心配はない模様。
菅官房長官の会見によると、22:30時点で被害の報告はなく、原子力施設について原子力規制庁から異常なしとの報告を受けているとのこと。

http://www.jma.go.jp/jp/quake/
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

【茨城県北部で震度6弱】午後9時38分ごろ、地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震源地は茨城県北部で震源の深さは10km、地震の規模を示すマグニチュードは6.3と推定されます。 pic.twitter.com/6H8Mp6oEIN

気象庁の青木地震津波監視課長が記者会見。「今回の地震は5年前の巨大地震の余震と見られる。今後1週間程度は今回と同じ程度の規模の地震が起きる可能性があるほか、今後2~3日程度は規模の大きな地震が起きる可能性もあり、揺れが強かった地域では今後の地震活動に注意してほしい」。

交通・ライフライン情報

安否確認

余震に備えて

茨城の皆さんは大変だと思います。熊本地震を経験した立場からすると、嫌な話ですが今後引き続き地震が起きる可能性が高いと思って行動した方が無難です。深夜の地震に備え寝室で倒れてきそうな物を移動する。枕元には懐中電灯とスリッパを用意する。防災グッズを揃える等今後十分に警戒をして下さい。

避難するときに忘れがちなこととは? 茨城県北部を震源とする地震がありましたが、今後も余震などが考えられます。十分に気をつけて行動してください。emg.yahoo.co.jp/sokuho/column/… pic.twitter.com/QhM2H7wVi1

【不要な電話は控えてください】 揺れが強かった地域では、電話がつながりにくくなります。不要不急の電話は控えてください。近くに公衆電話があれば、公衆電話のほうがつながりやすいです。

【余震を警戒、震災時の備え】 ・電源を確保 充電式機器は電気が生きている内に充電しておく ・水分を確保 風呂桶やペットボトルに水を詰められるだけ詰めておく ・燃料を確認 カセットガスや石油ストーブを確認し、安全に使えるか点検 ・出口を確保 ドアが歪む可能性があるので開けておく

Twitterで緊急救助を求める場合には、#救助 ハッシュタグとともに要請内容、写真、住所または位置情報など、具体的かつ正確な情報をつけましょう。救助が完了したら、報告ツイートするとともに、救助要請ツイートを削除してください。 pic.twitter.com/X8rZLBDyfD

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。