1. まとめトップ

【応急処置】知っておきたい!お餅を喉につまらせた時の対処法

大切な家族や友人が、もし自分の目の前で餅を喉につまらせてしまったら、、、あなたならどう対応しますか? 正しい対応を知っているか、知らないかが、大切な人の命を左右することになります。 あくまでまとめサイトなので自己責任でご判断いただきたいのですが、参考までにいくつかの対処法をまとめてみました。

更新日: 2017年01月16日

5 お気に入り 10548 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お正月といえばお餅。家族や親戚が集まり、楽しくお餅をほおばる、古き良き日本の文化。。。ですが、子供や老人が喉にその餅をつまらせて死亡する事故が多発する季節でもあります。

もし自分や家族が喉をつまらせたら、どう対処すればいいのだろう。

①まず最も大切なのは119番で救急車を呼ぶこと

家族がお餅を喉に詰まらせてしまったら、すぐに救急車を呼ぶのが鉄則です。手当が早ければ早いほどいいので、あわてず冷静に119番することが大切です。119番には、落ち着いて住所と氏名を告げ、状況を簡単に説明します。

②背部叩打法

救急車の到着を待ちながら何らかの応急処置をする場合、背部殴打法というものがあります。これは肩甲骨の間を叩く方法です。

肩甲骨の間、とそこまで位置を微調整しなくても、単に背中の広範囲を叩くだけでOKですので、誰にでもお勧め出来る方法です。

③ハイムリック法

みぞおちを拳(こぶし)でグッと押し上げる動作を繰り返してお餅を吐き出させる方法です。患者さんに意識があるのを確認して、後ろから両腕で抱きかかえて、みぞおちにこぶしを当てます。

※ハイムリック法は気管内圧が上昇して気管に穴を空けてしまうこともあるので、119番に電話をかけて専門家の助言を受けながら実施してください。

④AED

近くにAEDがある場所であればAEDの手配を周りの人に依頼します。

AEDの必要性や適切な使用方法をしっかりと理解しておくことが大切です。

⑤それよりも、喉につまらせない食べ方を知り、未然に予防することが大切。

お年寄りや子供に関しては、しっかり噛んで食べられないことに多くの原因があるようですが、食べ方の癖や体調にも理由があるそうです。

食べ方も要因になります。「早食い」や「詰め込み食い」です。
お年寄りは、そうした食べ方をあまりしないと思いますが、知らないうちに、それに近い食べ方をしてしまうことがあるのです。

暖か~い飲み物を常に脇に置いておく

餅は喉を通るとき、温度が下がり、硬くなります。ですから、柔らかくするために暖かい飲み物を用意しておくと危険度は下がります。

◆姿勢も大事
・背中が丸くなっていると、アゴが上がってしまう⇒食べたものが気道に入りやすくなって、飲み込み難くなってしまう。
・足をブラブラさせる⇒身体が揺れて不安定に⇒首の部分も不安定になる⇒首の筋肉がうまく動かせなくなって、飲み込む能力が低下してしまう。

昨日1kgのお餅を買ったら、今日2kgのお餅を貰ったので、もうお正月は喉に詰まらせるしかない

@yuya_mossan お持ちは食べたことないかなぁ お餅は喉につまらして死にかけたことがありトラウマ

昨日お餅食べたんだけどちょっと喉にひっかけそうになって、やばい死ぬかもって思ったけど生きててよかった

1 2