1. まとめトップ

ジョウト地方

ジョウト地方のアサギジムのジムリーダー。
はがねタイプのポケモンを使用する。
キャッチコピーは「てっぺき ガードの おんなのこ」。

ちなみに昔はいわタイプのポケモントレーナーだったらしい。乗り換えた経緯などは不明。 ……だが、ハガネールがイワークからの進化系であることが絡んでいる可能性は高い。
性格は大人しく献身的な、心優しい少女。また、開発者のお気に入りでもある。

◎使用ポケモン(ワールドリーダーズトーナメント)

ホウエン地方

『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)で初登場したキャラクター。
『ルビー・サファイア』ではホウエン地方のポケモンリーグチャンピオンとして、
マイナーチェンジ版『エメラルド』ではチャンピオンではなく、ポケモントレーナーとして登場する。

ホウエン地方での大企業デボンコーポレーションのツワブキ・ムクゲ社長(52)の息子であり御曹司、シリーズ中では珍しくフルネームが判明している人物。
めずらしい石が好きだと明言しており、めずらしい石を求めてよその地方に出張している。

◎使用ポケモン(oras強化版)

シンオウ地方

シンオウ地方のミオシティのジムリーダー。
主にはがねタイプのポケモンを使用する。
キャッチコピーは「こうてつボディの おとこ」。
勝利すると「マインバッジ」と「ラスターカノン」のわざマシンが貰える。

「グハハハハ!」と笑い声を上げるのが特徴。
また、ヒョウタの父親である。父親がジムリーダーであるのは、サカキ、キョウ、センリに続き4人目。

◎使用ポケモン(ワールドリーダーズトーナメント)

イッシュ地方

ポケモンBW2に登場する、謎の科学者。「ポケモンの強さ」について研究しており、なにやら「ポケモンを活性化させる道具」などを開発している様子。主人公とは、「ヒウンシティ」の下水道で初めて出会い、プラズマ団を倒した主人公の力に目を付ける。掴みどころのない性格だが、旅の途中で主人公の手助けをしてくれることもある。


その正体は、Nが失踪した後にゲーチスが任命した、プラズマ団の新たな「リーダー」である。ゲーチスとは「知り合い」の関係であるらしい。

◎使用ポケモン(バトルツリー)

1 2





レッドゾーン中野さん

このまとめに参加する