1. まとめトップ

【洒落怖】行方不明になった友達

幽霊・妖怪・悪魔・人間などが関わる怖い話や都市伝説や時空系などの不思議な話を単発で紹介します。        ※画像などを出来るだけ載せないシンプルな構成にしています。

更新日: 2016年12月31日

1 お気に入り 36435 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ANKOUさん

行方不明になった友達

これはまだ解決してないというか、現在進行形の事件なんですが、
ちょっとみなさんにも聞いてほしいんです。
プロの探偵さんにもともと依頼してた事件なんですが、
警察沙汰に発展するかもしれないし、しないかもしれないし、今はなんとも言えません。

僕が小学生5年生だった頃、仲の良かった友達が一人、
ほんとに行方不明になったことがあったんです。
で、もしかしたらその子をさらったかもしれない奴を、今になって見つけたんですが、
ちゃんとした証拠とかはまだなくて、どうしようかっていう状態なんです。
みなさんの意見を個人的にちょっと聞いてみたくて、これまでの経緯をここに晒してみます。
でも、個人とか地域とかを特定するようなことは書きませんし、
みなさんも聞かないでください。お願いします。

とりあえず小学校の時の話から。
(これは怖い話とかじゃないのでスレ違いかもしれません。すいません)
友達F君が行方不明になっってしまったのは、夏休みの終わりぐらいです。
うちの学校では鶏を何匹か飼ってて、俺とF君は5年生1学期目の飼育係でした。
うちの学校は、なんか夏休みでも飼育係が鶏の世話をしなくちゃいけなくて、
(どこでもそうなの?)
高学年の飼育係が一人づつローテーションで、鶏にえさをやりに登校しないといけない、
っていう面倒くさい決まりがありました。
でも、その年は飼育係が4人しかいなくて、(普通は7,8人で回すんですが)
これはちょっときついってことで、無理な日は用務員が助っ人してやろうってことに
決まりました。

ある日、僕が一人でえさをやりに学校の鶏小屋に来ました。
飼育係のやることっていうのは、
でっかいポリバケツに鶏のえさ(穀物みたいなやつ)の袋が入ってて、
えさ入れにスコップでザァーてそれを入れて、
水替えて、小屋が汚れてたらホウキでちょっと掃く、っていう感じなんですが。
でも、その日はポリバケツにえさがほとんどなくて、
えさ袋を交換しないといけいないと思って、
空の袋をポリバケツから引き揚げたんです。
そしたら袋の底がぬけちゃってて、ポリバケツをのぞいたら底にウジが大量に湧いてて、
うわああああああってなって。
もう3cmぐらいの厚みで一面にうねうねしてて、すごいグロでした。
僕(今でも)そういうのにまったく耐性なくて、
蛆虫を見たの初めてでビビりまくってしまって。

で、誰か大人を呼ぼうと思って学校中走り回って、夏休みなので全然人がいないんですけど、
その日はたまたま用務員の人がいて、助けてくれって言ったんですけど、
用務員さん的には「は?」みたいな感じで、
自分には関係ないし今忙しいみたいなことを言われて。
それで僕は、そのまま帰っちゃったんです。

で、次の日の係りがF君だったので、電話でウジのことを知らせて、
なんとかしてって言ったんです。
それはなんていうか、言葉どおりの意味って言うよりは、
半分冗談で怖いもの見る前フリみたいな、「あれやばいよ」みたいな電話だったんですが。

次の日F君から電話があって、
『見たけど、あれはキモすぎる。無理。予備のがすごいねん。レベルちがうし』
「え、予備もなってたん?」
入れ替え用のえさが入ってる、縦長の巨大なビニール袋が予備で置いてあるんですけど、
それにも湧いてたらしくて、
『なんか日陰に置いてあるのにそれだけ熱くなってて、
 おかしいと思ったら中がほとんどウジに変わってたし。
 ウジ虫ソーセージやし。なんでかわからんけど、ホンマに袋が熱いねん。
 もうめっちゃキモい。よく見たら袋ごとちょっともそもそ動いてるし。
 もうヤバかったから、逃げてきた』
「やっばw」
そこまでは笑い話(といってもキツかったですが)で済むレベルでした。

で、そこから5日ぐらい、僕達飼育係は休みで用務員がえさをやる番だったので、
たぶんその間にウジは処理されてるだろうとか思ってたんです。
で、6日目がまたF君の番だったんで、僕はその日、
彼からの報告の電話がちょっと楽しみでした。

で、どうなってたかって言うと、
僕は直接は見てないんですが、飼育小屋の状態がおかしかったらしいです。
調べてみると、なんか用務員が助っ人するっていう話が通ってなかったみたいで、
5日間放置されてしまってて。
その上、それ以前にも僕とF君が二日連続でえさも水も与えてなかったので、
鶏は1週間ぐらい飲まず食わずの状態に追い込まれてしまってて、みんな死んでたそうです。
ストレスで羽が抜けた奴とか、共食いしかけた奴とかで、小屋の中は酷かったらしいです。
今思うと、ほんとうに鶏には申し訳ないことをしたと反省しています。
夏休み明けに、友達から「おまえ酷い奴だ」みたいなことを言われて、
喧嘩になったこともありました。
それぐらい精神的にキツかったです。
鶏さんどうか成仏してください。ごめんなさい。

でも、あの日に起こった本当に怖い事件は鶏の餓死じゃなくて、
F君が行方不明になったことです。
目撃者がいたらしくて、あの日学校までたどり着いたのはほぼ間違いないそうです。
F君が小屋で何をしたのかはよくわかりません。
F君が夜になっても帰らないので、親が警察に届けて、
鶏小屋のことがわかったのはその翌日のことです。
僕が一連の出来事を知ったのは、さらにあとのことでした。
鶏の餓死と、F君が消えたことの関連もはっきりしませんでした。
事件か事故かもわかりませんでした。
とにかくわかっていることは、
鶏が死んでいるのを目の当りにしたであろうF君が、
そのまま忽然と姿を消したということだけでした。

で、話は現在にもどります。
半年前の夏、僕が営業まわりをしていた時、あるチラシを見つけました。
子供が近くで行方不明になってしまい、住人に情報提供を募るチラシでした。
行方不明になったのは、2年前の夏だったと書いてありました。
そのチラシがあった場所は、僕がいっていた小学校の近くだったので、
自然とF君のことを連想してしまって、じっくりチラシを読んでたら、
気になることが書いてあって。

『この十数年、この学区では小学生の行方不明者が何名もでています。
 他の学区と比較しても異常なほどに高い頻度です。
 写真の子とは関係なくても、この付近で不審者を見たという情報だけでもすごく助かります』

みたいなことが書いてあって、もしかしたらそれってF君のことも含まれてるのかなと。
それで、そのチラシにある連絡先をメモっておいて、
時機を見てそのご両親とコンタクトをとったんですが、
案の定むこうもF君のことは知っていて、
そのご両親は、行方不明になった子はみんな同じ人物にさらわれたのであって、
これは連続誘拐事件なんだと力説してました。
これまで少なくとも3人はやられていて、その最初の犠牲者がF君なんだと。
そのご両親の家は、なんかどの部屋も子供の写真でいっぱいで、
僕と話すときもすごいテンション高くてちょっと怖かったんですが、
急にそんな話を聞かされてかなりショックでした。
でも、その話には一応根拠があって、
行方不明になった子の家にしばらくたって、
変な手紙?みたいなのが来るっていうのが3件あったらしいんです。
(F君の家にもなにか届いたらしいのですが、F君の両親はすでにどこかに引っ越していて、
 この事件とももう距離を置きたがっているそうで、
 コンタクト不可能。詳細も不明だそうです)
そのうちの一通がそのご両親の家にもとどいてて、それ見せてもらったんですけど、
なんか御札?みたいな気持ち悪いやつなんですよ。
手紙とかじゃなくて、細長い紙に人の顔みたいな絵が描いてあるだけで、意味不明なんですが、
それが封筒に入ってたらしくて、こんなもん送られたらそらあーなるかもなっていう。
なんか呪いの類なのか、単なる悪戯なのか僕にはさっぱりわかりません。

最近またその家にいって、デジカメでちょっと撮らしてもらったんで、うpってみます。

どなたかこれの意味わかる方、似たようなものを見たことがある方は、
教えていただけませんでしょうか。

で、話はまだ続くんですが、
そのご両親は探偵を雇って、そのあたりの不審者の情報を集めさせているそうで、
僕がF君失踪時のことを詳しく覚えているってことがわかると、
その探偵にも会って話をしてほしいって言われたんです。
それで、また後日その探偵さんとも会いました。

疑問に思ってたことがあって、
手紙みたいな事件の関連を示すものがあるんだったら、
なんで警察に届けないのかなと思ってたんですが、
探偵さんによると、一応ちゃんと警察にも届けは出してるそうです。
でも、3通あるっていう手紙も、3通それぞれは関連が見えなくて、かなり信憑性に乏しくて、
悪戯の可能性の方が高いと警察は思ってるらしいです。
僕が見た御札みたいな奴以外の2通は、普通に文章のある手紙だったらしくて、
その2通も筆跡がぜんぜん違うらしいです。
で、正直なところ、あの両親の話が正しいと思うのかと聞くと、
「手紙の真偽はともかく、自分の感では『何か』がいるのは確か」みたいな反応でした。

それからしばらくあのご両親とも探偵とも不沙汰だったのですが、
先月にまた会いたいって連絡があって。
待ち合わせの場所にいるとタクシーに乗った探偵がやってきて、
「乗って乗って。ちょっと確認したいことがあるから」と言って、タクシーに乗せられました。
車中でいきなり、「最近ちょっと調査に進展がありまして…」て探偵さんが切り出して。
探偵さんの話を要約すると、
何年か前、郊外でやたら猫の死骸が捨てられたっていう地域があって、
(そこは僕の学区とはけっこう離れてるんですが)
そのあたりを調べてたらでっかいホテルの廃墟があって、
どうも猫を殺してた奴は、その廃墟でやってたみたいらしいんです。

ていうのも、廃墟を調べてたら、ある一室が明らかに異常だったらしくて、
墨で描かれた曼荼羅みたいな、よくわからん複雑な絵が描かれたでっかい張り紙が壁にあって、
それ以外の壁も、いろんな御札っぽいのやら写真やらが貼ってあったんですって。
臭いも肉の腐った臭いがかすかに残ってて、「ああここだな」ってすぐわかったらしいです。
で、もうわかると思うけど、
その絵とかの雰囲気が、あの両親に送られてきたっていう御札の絵と
けっこう似てるらしんです。
(僕は直接は見てないです。あくまで探偵さん談)
似てるって言うか、雰囲気がどう見ても同じ奴が描いたっぽい感じらしいんです。
その場所はもうだいぶ前に見つけてマークしてたらしいんですが、
廃墟にいくつか監視カメラをつけて、ずっと毎日録画して、
誰かこないかチェックしてたんです。
それで、最近とうとう誰か来ちゃったらしんですよ。
裸足でふらふらして歩く老人がビデオに映ってたそうです。
病院の白い服みたいなのを着てたので、
探偵さんが近くの病院とかを回ってビデオの映像を見せてみたところ、
一昨日それらしい人をやっと見つけたんんだと。
でも、その老人が事件に関係があるのかないのかまだわからないから、確認してほしいと。
え?なんで僕が確認するの?何を確認するの?って思ったんですが、
探偵さんは「とりあえずその人の顔を見て、あなたの率直な感想を聞かせてください」って。

タクシーが着いたのは老人ホームの前でした。
例の老人は、カメラに映っていた日に無断で抜け出していたそうで、
職員の人が見る限りたぶん本人だろうと。
探偵さんとふたりでその老人がいる部屋
(と言ってもたくさん人がいる相部屋なんですが)に行ってみました。
ベッドの一角にそいつがいました。
なんか呟いてましたけど、目の焦点が合ってなくて、痴呆症って感じでした。
5mぐらい手前でそいつがこっち向いて、僕しばらくわかんなかったんですけど、「あ・・・」って気付いちゃって、
それ気付いちゃったら、もう怖くて緊張で筋肉がギューって収縮して、
探偵さんに「え?この人なの?」て聞いて、
そしたら探偵さんが、あーやっぱりかみたいななんとも言えない顔して、
「えー、すいません。えーと要するに、僕知ってますよね、この人。前に会ってますよね」
そいつ用務員なんですよ。小学校のときの。
あのウジが湧いたときに言いに行って、「は?」って顔した用務員なんですよ。
歳取ってるから最初わかんなかったけど、ぜったいあいつなんですよ。

探偵さんもこいつの経歴調べて、用務員だって知ったときに、
「あ、これはヤバイかも」ってすぐ直観したらしいんですが、
そいつが勤めてた小学校が変わるのと、
行方不明の子のいなくなる場所がちゃんと符合するらしくて、
しかも何年か前、老人ホームに入れられてから、
この辺で猫の死体が出だしたのもちゃんと辻褄があってたりしてて、これは当たりかもって。
でも、もうそいつ完全にボケてて、会話もほとんど成立しません。
自分の好き勝手なことばかり喋ってて、内容も意味不明なんです。
もとからちょっと知的障害だったらしいです。子供の頃は全然知りませんでしたけど。
結婚もしてないし、子供もいません。完全に独り者のボケ老人です。

「○○さん」って老人に呼びかけても、
「わたしは××××××です。(何言ってるかわからない)」とか言うし、
子供を誘拐したことはあるかとかストレートに聞いても、
ごにょごにょなんか呪文みたいなこと言うし、すごい不気味です。
一番僕が怖かった彼の言葉があります。
「鶏が死んだ事件を覚えてますか」
「知らんよ、わたし。××うじが××××××、二回やぞ、二回。あー、捨てておけばよかった」

ここから先は完全に僕の妄想です。
まず、用務員は鶏をわざと飢え死にさせたんだと思います。
で、F君は何かの拍子にそれに気付いて、用務員に口封じされたのかもしれません。
僕はあいつの、「二回やぞ、二回」という言葉がすごく気になってます。
何が二回だったのでしょうか。
絶対に僕の妄想なのですが、
用務員は僕とF君がそれぞれ苦情を言いに行ったのを、
同じ子が2回来たのだと思ったのではないでしょうか。
僕とF君は背格好はわりと似ていましたら、もしかしたらありえたかもしれません。
それで、用務員はウジに関係する『何か』をあまり知られたくなくて、
F君を襲う決意をしてしまったのかもしれないんです。
もしそうだとしたら、F君は僕の身代わりになってくれたのかもしれないんです。
そんな考えが頭から離れず、最近本当に体調を崩してます。本当にツライです。
老人に会ったのはその一度っきりでした。
もう会うことはないと思います。

1 2