1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yk_fryさん

パソコンのハードディスクに記録されたデータは、そのデータを削除したり、ハードディスクをフォーマットしたりしても、データが消えたように見えるだけで記録データは残っています。
ハードディスクのデータを完全に消去しないと、悪意のある第三者が特殊なソフトウェアを利用して、データを再現・再利用できるようになり、個人情報が漏えいしてしまう可能性があります。

パソコンが動作する場合 ⇒ 削除ツールを使用する

配布しているアーカイブを展開し、 フロッピーイメージ(*.flp)、あるいは CD-ROMイメージ(*.iso)を、 それぞれフロッピーディスクかCD-RW/Rなどに書き込んでください。 書き込みには、フロッピーの場合には「rawrite」や「fdimage」などのツールを、 CD-ROMの場合はOS(Windows)や CD-Rドライブに付属の書き込みツールなどを使ってください。 PC-UNIXをお使いの場合は、 フロッピーにはdd、CD-RW/Rにはcdrecordなどを使ってください。 書き込みが終わったら、それをデータを消したいパソコンにセットして、 パソコンをそのディスクから起動します。

ツールを書き込んだCD-ROMかフロッピーをセットしてパソコンを起動すると、 メインメニュー画面が表示されます。 このメニュー画面では次の選択肢が表示されます。 行いたい操作を、 カーソルキーとエンターキー(CD-ROM版)、 あるいは、 対応する文字(フロッピー版)で選択します。

ちなみに・・・

パソコンにインストールされているOS上で動くソフトはNGです。

OSが動いているということは、その動いているOSを削除できませんからね。

動いている車のタイヤを外すことができないのと同じことです。

セキュリティソフトなどにデーター削除ソフトが付属している場合もありますが、それは特定のファイルを削除するためのもの。

パソコンが動作しない場合・削除ソフトのインストールがめんどくさい場合 ⇒ HDDを外して破壊

1.電源や本体につながっている線を全て抜く
2.本体裏側のネジを外す(パソコンのフタに直接ついているネジ2~3本)
3.フタをとる
4.ハードディスクの金具(マウンター)が本体内部とネジでとまっているので外す。(必要あれば、前面パネルや他のフタも外す)
5.ハードディスクにつながっているケーブルを全て外す
6.ハードディスクを取り出す
7.ハードディスクの金具(マウンター)を外す

デスクトップ型の場合

1.ACアダプターや本体につながっている線を全て抜く
2.本体裏側のフタをとる(ネジを外す)
3.ハードディスクの金具が本体内部とネジでとまっているのでネジを外す
4.ハードディスクを取り出す
5.ハードディスクの金具を外す

ノートパソコンの場合

そして破壊!!

データを読み取れなくするにはいくつか方法があります。

・ドリルなどで穴をあける。
・プラッタを曲げる。
・やすりで削る

プラッタとはHDDの中の円盤のこと。

【おまけ】パソコンを処分料を払って捨てようとしてませんか!?

1