1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daietcookingさん

救缶鳥プロジェクト・宇宙に行ったパン・アキモト

那須高原にある「パン・アキモト」は、
遠く茶臼岳に雪をいただくパン屋。
60年以上にわたり地域密着の
パン屋を営んでいるが、
ここには世界的に有名なパンがある。
それが、「パンの缶詰」。
2009年、世界で話題となった
スペースシャトル・ディスカバリーの打ち上げ。
日本人宇宙飛行士、若田光一さんが乗った
この飛行にも那須塩原市東小屋の
「パン・アキモト」の主力商品
「パンの缶詰」は採用されていた。
その名も「スペース ブレッド」。

きっかけは阪神大震災までさかのぼる。
大震災の惨状をテレビで見ていた
当時営業部主任の秋元さん(現代表取締役)は
何かできないかと被災地まで
パン2000個を配りに行った。
だが防腐剤を使わないために、
傷んでカビがはえてしまった。
保存が出来るパン、なおかつ被災地でも
焼きたてのようなパンを味わって欲しい。
秋元さんはそんなパンが必要だと痛感。
試行錯誤の末に1996年に
長期保存が可能なパンの缶詰が完成。
その後、日本、米国、中国などで
製法の特許も取得した。

〚GEISHA缶詰〛

GEISHA缶詰は、前身の野﨑産業で
1911年に誕生した商品で、
今年で102年の歴史を持つ。
当時は日本産のカニ缶詰を
アメリカに輸出していたが、
日本のイメージを強く打ち出すために
GEISHAという名前が付けられた。
この缶詰のラベルや蓋部分には、
名前のとおり芸者の絵があしらわれている。
中東での展開のきっかけは、
あるアメリカのエンジニアが
オイル関係の仕事で
サウジアラビアを訪れた際に、
GEISHAのツナ缶詰を
持ち込んだことだったという。
その後、口コミで評判となり
中東での展開につながった。

〚POCKY〛ポッキー 江崎グリコ

日本以外の国・地域でも広く販売されている。
アメリカ合衆国や台湾、シンガポールなどでは
日本と同様「Pocky」の名で販売されている。
ヨーロッパでは「Mikado」
マレーシアでは「Rocky」現在は「Pocky」に変更されている。
中華人民共和国では、百奇。

名前だけでなく製品の内容も、タイは気温が高いため
日本より融ける温度が高いチョコレートを使って甘さを抑える、
ヨーロッパではカカオ100%のチョコレートにするなど、
地域によって変えている。

緑茶

「お~いお茶」は伊藤園から1989年に缶入りで発売。
翌90年にはペットボトル入りのものが発売された。
世界初のペットボトル入り
緑茶ブランドとして知られている。

ピアノ ヤマハ

世界シェアは3割(ヤマハ)

ヤマハは楽器業界におけるトヨタ
国内のアコースティックピアノにおけるシェアは、
ヤマハが約6割、河合楽器製作所が同4割で
長らくこの比率は変わっていない。

ナノパスニードル(世界一細い注射針ー痛みゼロを目指す、テルモ)

「ナノパス34」は、極細ながらも
薬剤の注入しやすさと
耐久性を維持する設計技術や
生産技術を駆使し、
世界最細の直径わずか
0.18mm (34G)を実現することで、
より傷口を小さく、浅くしています。
テルモは糖尿病など、
自己注射をしなければならない
患者さんの肉体的、
精神的負担を軽減できるよう、
これからも医療に貢献しています。

ハイブリッド車  トヨタHV

ハイブリッド車の基本動力は、モーターとエンジンです。
常にエンジンが最も効率よく駆動できるよう、モーターは、
エンジンのアシストや余剰エネルギーの回収を行います。
2つの動力を効率よく使い分けることで、
低燃費と気持ちのいい走りを両立しています。
もっと詳しく⇓

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/hv/

家庭用血圧計(オムロン)

家庭用血圧計(オムロン)
2009/9に家庭用血圧計の売り上げ。
一億台とオムロンの家庭用血圧計は
高い評価と信頼を得ている。
世界各国でのこうした高い支持を背景に、
オムロンの家庭用血圧計の売上高は年率平均で
10%以上の伸びを記録し、
世界NO.1メーカーへと成長を遂げることができました。
現在、世界各地域におけるオムロンのシェアは、
日本67%、アメリカ52%、ヨーロッパ40%
(ロシアをふくむ)、
中国66%、アジアパシフィック60%、
東アジア48%となっていて、
世界全体では51%を占めるにいたっています
(2008年度予測、金額ベース、自社調べ)。
なかでも最近は、ロシアや中国での
事業展開を強化し、
ロシアでは2009年3月に血圧計の
シェアNO.1を獲得。

航空機用タイヤ・ボーイング787など(ブリジストン)

航空機用タイヤは、航空機の重量と速度を支えながら
離着陸を繰り返すという過酷な条件下で使用されるため、
タイヤメーカーの総合的かつ高度な
技術力を反映する製品の1つと言えます。
例えば、ボーイング777の場合、
機体の重量は340トン、着陸時のスピードは250km/h、
離陸時には350km/hを超えることもあります。
ブリヂストンは、世界でも限られた供給メーカーの一つです。
ボーイング、エアバスの主要機体に装着されている他、
MRJやエンブラエルといった
リージョナルジェット機にも採用が決定しています。

使い捨てカイロ  小林製薬

1 2 3