1. まとめトップ

プルプルおいしい肉の旨みの極み豚角煮

豚肉好きにはたまらない、大きい塊なのに、ほんのり甘くてジューシーな絶品豚の角煮のご紹介。

更新日: 2018年11月25日

2 お気に入り 5688 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

角煮大好きです。

moepapaさん

角煮(かくに)とは

角煮(かくに)とは、豚肉のばら肉(三枚肉)を使った料理である。肉を1口大に切り、調味料や香味野菜を加えて柔らかく煮て調理する。

地域や調理する人によって、使用される香辛料や調味料が異なる。
臭みがあるので、茹でる際や食べる時にネギ・ショウガなどの香味野菜を使う事があり、煮込みは、みりん、醤油、日本酒・焼酎・泡盛、砂糖・黒糖などを加えて、甘辛い味付けになることが多い。

九州の郷土料理でもあり、長崎県では卓袱料理の「東坡煮(とうばに)」が存在している。鹿児島県の郷土料理には、角煮と似て非なる料理である「とんこつ」がある。沖縄県では「ラフテー」の郷土料理として広く知られている。

調理は、肉を煮る他に揚げる・蒸すの工程を加える場合もある。 醤油は、日本製の濃口醤油や甘い醤油を使用する。場合によっては、香辛料を加える。 大根など他の材料を加えて同時に調理することがある。

角煮の料理法は広がりを見せ、マグロの角煮、牛肉の角煮など、他の食材でも使用されている。

おいしそうな角煮の数々

玉子や大根も一緒に煮ると最高です。

チンゲン菜などもよく合います。

沖縄県の郷土料理。元々は琉球王朝の宮廷料理であった。皮付きの三枚肉を用いる
。皮つきで豚毛が残っていた場合は毛を剃った後、残った毛を直火で焼く。かたまりのまま下茹した後、5cm角程度に切り分ける。これを泡盛、醤油、鰹や昆布の出汁、砂糖などをあわせた煮汁の中に入れて弱火で数時間煮る。

牛も脂の多い部位もあるので角煮の調理法でおいしくいただけます。

評判

1 2 3