出典 pds.exblog.jp

戦後に東西ドイツが成立して国境が閉鎖され、東ドイツの人々が西へ逃れるには東ドイツの中に存在する西ベルリンに行くことが唯一の方法であった。そして相次ぐ西側への人口流出で東ドイツに深刻な影響を及ぼしたことから、1961年8月13日に突然東ドイツが東西間の通行を全て遮断し、西ベルリンの周囲を全て有刺鉄線で隔離して、やがてコンクリートの壁を作った。

この情報が含まれているまとめはこちら

意外と知られていないベルリンの壁の実情

学校教育の世界史などでもサラッと流されてしまい、意外と知られずにいるベルリンの壁の当時の状況などを解説。

このまとめを見る