出典 yacchiberry.com

やがてアメリカとソ連が対立し、社会主義陣営に属する東ドイツと自由主義陣営に属する西ドイツが成立して、東西両陣営の冷戦時代になると、東ベルリンから西ベルリンへの人口流出が後を絶たず、危機感を抱いたソ連とドイツ民主共和国(東ドイツ)は、1961年8月13日午前零時を期して深夜に突然西ベルリンを包囲して東西ベルリン間48キロを含む西ベルリンと東ドイツとが接する国境線155キロ余りの国境線の通行を一切遮断し、国境線から少し東ドイツ領内に入った地点に有刺鉄線を張り、やがて壁を建設した。

この情報が含まれているまとめはこちら

意外と知られていないベルリンの壁の実情

学校教育の世界史などでもサラッと流されてしまい、意外と知られずにいるベルリンの壁の当時の状況などを解説。

このまとめを見る