1. まとめトップ

【雑学】意外と高い?低い?いろいろな確率の話

昨年の年末ジャンボくじ、当選した人は何人に一人の幸運だったのでしょうか。気になってしまったので、いろいろな確率(割合)を調べてみました。

更新日: 2017年01月03日

7 お気に入り 80774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

酉年生まれの確率

酉(とり)年生まれの人口は943万人
男性は457万人,女性は486万人
昭和44年生まれが最も多い
十二支の中で最も少ない

日本の人口(2016年)は1億2692万人なので、7.4%が酉年です。

誕生日が同じ人に出会う確率

細かな計算は省くとして、もし同窓会が40人だったとすると、その中に同じ誕生日の人がいる確率はなんと驚きの89%。

ちょっとしたパーティなら、同じ誕生日の人がかなりの高確率でいるみたいですね。
簡単に「運命」なんて思いこんではいけませんね。

交通事故にあう確率

去年1年間に東京都内でおきた交通事故の死者は159人と、戦後最も少なかったことが分かった。

2016年12月の東京都の人口は13,649万人(下記参照)なので、東京都に住んでて交通事故にかかわってしまう確率は0.012%です。

年収1000万円以上の確率

年収1,000万円以上の人の割合は、男性6.6%、女性0.7%、全体では3.9%となっています。

男性のほうが多い結果となるのは、女性の中には専業主婦やパートの人が含まれているからです。

インフルエンザワクチンの効果の確率

インフルエンザワクチンの効果は、人によって違います。65歳未満の健康な成人での研究では、流行ウイルスがワクチン株ウイルスと遺伝子的に同様のものの場合には、(季節性)インフルエンザワクチンは、(季節性)インフルエンザを予防することに70-90%で効果がありました。

やはり、適切なワクチン接種は発症予防に効果的ですね。

「がん」になる確率

2016年のがん罹患数予測は約101万200例(男性57万6千100例、女性43万4千100例)。

2016年の日本の人口は1億2692万人なので、2016年の日本人口の0.8%の人ががんに罹患していることになります。
1000人に8人です。少ないと思うでしょうか?でも次の確率を見ると、どっきりするかもしれません。

生涯でがんで死亡する確率は、男性25%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)。

生涯の累積リスクで考えると男性では4人に1人ががんにかかる計算になっています。
ライフプランはしっかり計画したいものですね。

宝くじに当たる確率

年末ジャンボ1等が当たる確率:2000万分の1

2016年年末ジャンボ宝くじの確率は2000万分の1だったようです。
当選者の方、おめでとうございます!!
宝くじの期待値はかなり低いようですね。

隕石に当たる確率

確認可能な過去の事例が少ないこともあり、私たちが隕石に当たる確率を出すのは難しい。米テュレーン大学の地球科学教授スティーブン・A・ネルソン氏は、2014年にこれを試み、論文で発表した。それによれば、人が一生の間に局地的な隕石、小惑星、彗星の衝突で死亡する確率は「160万分の1」だという。

なんと、年末ジャンボに当たるよりも高い(しかも10倍以上)確率です。
おどろきですね。

感覚的に理解できない確率 出現率1%ガチャの場合

さて,出現確率1%のガチャを100回すべて外す確率は,1回引いて外れる確率(99%)を100回かければいい。つまり0.99の100乗を計算する。

(0.99)100≒0.366

この数字を全体から引いてみよう。
1-0.366=0.634

出現率1%のガチャ(くじでも何でもいいですが)に100回挑戦しても、
63%の確率でしかあたりを入手できないようです。

結婚するまでに付き合う彼氏の数の確率

1 2