1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitterで見かけた『人間のなす業って凄い…』ってなる話

人間が持つそこはかとない側面を色々と感じさせる"ただならぬ"所業エピソードを紹介します。。

更新日: 2017年01月05日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
268 お気に入り 476141 view
お気に入り追加

◆エピソード『同僚のなす業』

コミケの売り上げの方が年収より高いんだよ とブチ切れ始めた同僚は、ブチ切れまくって会社を退職 コミケの売り上げより年収がさらに高くなる職場へと転職し さらにコミケの売り上げも伸ばしたという謎の逸材

そのスパイラル…凄い。。

◆エピソード『お客のなす業』

お会計がゾロ目になるお客様はそう珍しくはなく、1日に1人はいらっしゃるのですが「4444円」という会計金額に「……不吉なので買い足してもいいですか?」と何品か追加で購入した挙げ句「4989円」(四苦八苦)と、不吉さに拍車をおかけになったお客様のことは当分忘れられそうにありません。

◆エピソード『おっさんのなす業』

隣にいたオッサン「ですから休み前に言ったように…」

近所のスーパーで買い物に来てるんだが、隣にいたオッサンがやおら携帯を取り出し、「いえ、ですから休み前に言ったように、この休暇は海外に来てまして、仕事じゃ動けないんですよ。はい、いまヨルダンでして」などと言い始め、西葛西のジャスコが中東と化した。

営業やってた頃どうにも眠くて、電車で隣に座る知らんオッサンに「本当に申し訳ないのですが菊名に着いたら起こしてほしい」とお願いして即座に爆睡し、するといつの間にか全然違う人が隣に座っていて、菊名で起こしてくれたことがあった。完璧に引き継ぎをしてくれたオッサンに今もお礼は言えていない

◆エピソード『年末年始における、人々がなす業』あれこれ

大晦日夜勤に入るはずだった後輩がインフルで急遽交代したものの年越しと共にLINEのタイムラインにその後輩と彼女のキス写真と二人の馴れ初め、そしてこれからみたいな長文載せられて心が壊れた先輩の話を聞いて「ディッwwwwwwwwwwwwwwwwww」って声出た。

独身のまま実家に帰省する度に親族一同から浴びる苦言が集まる元旦ですが 「中学の時に生徒会長しとった◯◯君が離婚したばい!あんたん事を初恋の人やったらしいけん今チャンスやろーもん!」と事故物件を勧められるようになってからが本番です(数年前の実話

旧友からの年賀状に「いま蕎麦打ちにはまっております」と書かれていて、ついに同世代にも罹患者が出たかと震えている。 なぜ男達は歳を経ると蕎麦を打ち始めのだろう、 運命か本能か、蕎麦 or die なのか。 俺もいつの日か蕎麦打ち欲に飲み込まれる日が来るのだろうか。

近所の神社さんに初詣に行こうかと言う話から、其処の宮司さんのご子息と友人である息子が 「あの神社は猫を飼っている、撫でようと手を出したらガブガブ噛むから気をつけて」 という話とともに 「故に、猫の名前はガブリエル」 神社に大天使が住み着いているらしい情報が。

母と紅白を見ていたら、某世界の終わり的なバンドが出てきたときに、「あなたも今の太ったままなら、いずれはあのピエロのように仮面をつけなきゃならなくなるよ」と叱られ、ピエロはそういうシステムで仮面をつけているんじゃないと反論した

正月の帰省で親から言われて傷ついた言葉ベスト3! 第3位「特に意味はないけれど、あなたは炭水化物抜いた方がいいと思うの」 第2位「少女漫画読んで泣けるような綺麗な心は持っているのに、顔が付いてこなかったのねぇ」 第1位「あーあ!私も一度でいいから孫にお年玉あげてみたかったわあ!」

◆エピソード『世にも残酷な交際相手』

ディズニーシーのサンドウィッチ屋みたいなとこにいるんだけど、隣のテーブルの女性が「あたし彼氏に3年間偽名使われてたんだよね。Amazonの受取人の名前で判明した」とか言っててヤバい。

3年間…(汗)

7年間付き合った女性にプロポーズしたら「新しいノートパソコンがほしい」といわれたのでMacBookを買ってプレゼントしたらその3日後に「あなたとは将来を考えられないから別れてほしい」と振られたあの日以来、Appleには世界を変える力があると本気で信じている。

7年間の末…(白目)

◆エピソード『恋のアドバイスをする友人』

飲み会で「私が馬鹿だったんだよね…どうして私あんな男の事…」と失恋話をする女の子に「人間ってのは、長い年月の間に誰かがそばにいる事に馴れ、いないと寂しくなっちまうんだよ。誰にだってそんな寂しさを埋めたくなる時がある…」と語る友人の田崎君、とても彼女いない歴31年には見えなかった。

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。