1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「君の名は。」に続くか!?2017年も面白そうなアニメ映画が盛りだくさんだった

2017年に公開予定のアニメ映画をまとめました。面白そうな作品が盛りだくさんです。

更新日: 2017年03月13日

cckemonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
248 お気に入り 189630 view
お気に入り追加

2016年はアニメ映画の当たり年だった

昨年公開の日本アニメ映画は近年稀に見る豊作だった。 マイベスト3は、 1 #この世界の片隅に 2 #君の名は。 3 #聲の形 3位は原作を読んでから映画を観たので原作を超える感動はなかった。原作未読だったら2位と評価は入れ替わったかも。1位は3位の反省を生かして原作未読で鑑賞。

アニメ映画「この世界の片隅に」。フォローしてるアニメーターから監督まで360度大絶賛だったので、逆に引いてしまい観てなかったんだけど、アニオタとしては観なきゃアカンということで行ってきた。面白かった。最後泣かされそうになった。今年は歴史的なアニメの豊作でオタとしては満足至極

そうだ…正月には蟹の形観とこう。 君の名は。と、この世界の片隅に、に挟まれてしまったけど、今年がアニメ映画大当たりの年、といわれる「三大」の一つが贄の形なんだし。蟄の形、別に早見さんがヒロインの声だから観るわけではない。よし、馨の形観る。 ※文中に正解はない

2017年もアニメ映画が続々公開予定

2016年の映画は、邦画も洋画もアニメも非常に充実していたけど、2017年はどうなるのだろうか。 2016年を超える数の秀作が出てくるといいなぁ。

2月3日公開 『虐殺器官』

2009年に34歳の若さで病没した作家・伊藤計劃が06年に発表し、07年に刊行された長編デビュー作をアニメーション映画化

戦争やテロが激化した世界を舞台に、各地で紛争が起こる前に現れるという“虐殺の王”ことジョン・ポールを追うアメリカ情報軍所属のクラヴィス・シェパードを中心に物語は進行します

監督は、テレビアニメシリーズ「Ergo Proxy」の村瀬修功が務める。キャラクターデザインは初音ミクのイラストを手掛けたredjuiceが担当

3月4日公開 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』

「ドラえもん」の長編映画シリーズ37作目が「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」になり、2017年3月4日から公開されることが決定

監督は「千と千尋の神隠し」で監督助手を務めた経歴を持ち、「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」などを手がけた高橋敦史。フィギュアスケーターの織田信成、浅田舞がゲスト声優出演

3月10日公開 『モアナと伝説の海』

ディズニーは2016年に、ディズニー長編アニメーション映画第56作目となる『モアナと伝説の海』を公開することを発表

「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」のディズニーが贈る、南の島を舞台に繰り広げる感動のファンタジー

南の島で生まれ育ち、海を愛する美しい少女モアナ。ある時、世界を生んだ命の女神テ・フィティの心が何者かに盗まれ、世界が闇に包まれてしまう

島では1000年にわたり、島の海の外へ出ることは禁じられていたが、モアナは愛する人々や世界を救うため、父親の反対を押し切り、テ・フィティの心を取り戻すための冒険に出る

3月17日公開 『SING〜シング〜』

大ヒットアニメーション『ミニオンズ』などで知られるイルミネーション・スタジオとユニバーサル・スタジオがタッグを組む最新作『シング』が、2017年3月17日に日本公開予定

本作は、動物だけが暮らす世界を舞台に、“歌”で人生を変えるチャンスを掴もうとする個性豊かなキャラクターたちの奮闘を描くミュージック・エンターテインメント

1 2





cckemonさん

よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう