1. まとめトップ

必読・必聴))多病・多死社会を乗り越える!不安を打ち消す 小さな積み重ね

いきなり 倒れる いきなり亡くなる ここ最近 この突然死のニュース増えてませんか?高度化し 医療も万全と 言われている国にての 「多病・多死」激増自分や 自分の家族は守りたい! では どうしたら?? インスタントでは無いがこの小さな意識改革の積み重ねが不安を打ち消す!!

更新日: 2018年11月27日

0 お気に入り 946 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

健康は小さな自助努力の積み重ね そして 高額商品など必要とせず手にできるもの!簡単 直ぐ!見たいなマーケティングを見るにつれ そのとても無責任な姿勢に疑問が沸くばかり・・・ 自分自身の一生の相棒である身体を 人や物を通して健康に??果たして それは幸せな事なのだろうか??

jlt018さん

突然死と言う 語彙を 本当によく目にする時代になった
寿命を全う出来ずに 突然 死んでしまう 悲劇を回避する方法
多病・多死社会を生き抜く方法を 出来るだけ 投資費用は少なく 継続出来るものと心構えをまとめてみました

何はともあれ 自己免疫力向上と 自律神経の安定

自己免疫力=何兆個もの細胞から成り立つ 身体 この細胞が 悪性細胞を排除するモノ
自律神経 =身体の機能 意識の機能を常に安定して機能させてくれるモノ
難しく 考えたい人は 膨大な資料と戦って下さい! 簡単なイメージングとしては 上記が
簡略理解出来ますし 理論(ロジック・頭思考)より 投薬より 意識改革を心身を通して!が近道なので!!

高級官僚や 学閥の中では 持てはやされる 東大卒
武田氏も同じなのだが 科学者としての とてもシンプルで 実証データベースの事実は
2011.3.11以降 トンデモ教授のレッテルを貼られ 現在もトンデモ系扱い・・・
ここ最近 WEBメディアにて 脱洗脳的 論説が公開・討論が始まっているが
減塩に関して 科学者が語る内容には 耳を傾けておいた方が 身の為!!

人間の身体をサイクルさせているのが 血液
血液の栄養源としての 塩の大切さを 理解できるか?出来ないか?・・が
多病・多死構造から 足抜けする近道

塩と同様 地球上で 日本だけ・・ それが 悪玉コレステロール
もうほぼ私語となった メタボなんてのも 地球上で日本だけ・・・悲)
権威者(為政者)が口を揃えて運動を起こす時 そこには 必ず利権団体が利益享受する
壮大な仕組み = 日本の医療界
コレステロールは 血液循環には欠かせない 重要ファクト!

インスタントには 多病・多死からは逃れられない・・けれど??

では?? 先ず この記事を読み終えて どうすば良いの??
先ず 
1. 良質な塩分の摂取(適量等は 自身決める事・・70億人居れば 70億人適量は違う)
2. コレステロールへの間違った思い込みを捨てる&天然バター・動物性脂肪の意識しての摂取
3. 医療機関に自分を丸投げする前に 自分自身を動かす「身体」とは?を 
  時間を掛けて調べる癖作り

WEBは インタラクティブな図書館
調べる=意識は身体に向かう それにより 身体は それまでの無意識での関わり合いから
意識が向けられての関わり合いに変わりだし
自分自身に 必要なもの(食べ物 飲み物 情報 ワーク等)が 共時性(シンクロ)が
伴い深い理解へと 繋がっていく!

間違っても 人の論証を鵜呑みにしない事!

70億人には 70億の個性
ここには 一般化とか?平均化とか?
マス・マーケティング的流れは持ち込まない事!

一生を共にする 身体に関わる事
基本的な 情報 ・・ 今回は 「塩」と「油」ですが
科学的 データを理解する事 ・・・ ここから先は 自助努力

突然死は それを 怠れば 何時でも起こりえる 日本では 自殺者数に
近年追いつく勢いの奇病

考え 感じ 行動する者になれば 成る程

マス・マーケティングからの離脱へと 動いていく事となる

中級~上級者向け 取り組み 3選

脱・洗脳・・を終えたと自負できる方への お勧め

最後に
安易な情報を コンパクトに・・
何でも安易 インスタントになりつつある 軽薄化する社会
否定するより その隙間で 見落とされているもの・・に 多病・多死から抜ける
鍵が隠されている

あれを食べていい
これを食べては駄目

これらも 安易・インスタント社会での 逆マーケティング手法の一部なので
目にした時は 深呼吸と共に その情報に先ず 
「Why」を!!祈))

身体には100人の医者が居る
高度情報化・超資本社会化する以前の 社会
たった100年ほど前の社会には 今のような 突然死や メンタル自殺などの
現代的奇病は存在していない

さて 私たちは 日々接する情報と共に 進化・繁栄しているのか?
又は??

多病・多死を抜ける試み継続は
新しい意識形成への入り口

自称・自分の持ち物・・としている 自身の身体の内奥を
体感レベルで 何処まで 認知できてますか??

1