1. まとめトップ

ビットコインはなぜ高騰したのか? 中国国内ではアメリカとの戦争は避けられないものという考え方がある

再び中国マネーにより価格高騰を招いているビットコイン。今度は中国政府の与り知らないチャイナマネーにより再び価格高騰している。これは中国が泥沼社会に入るのを察知した中国国内の資産家がビットコインを利用して海外に資産逃避させているのではないかと疑われている。

更新日: 2017年07月26日

trauma2896さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 940 view
お気に入り追加

bitaddress.orgによって作成されたビットコインペーパーウォレット

仮想通貨ビットコイン分裂ひとまず回避、今後どうなる-専門家の見方

Share on Facebook
Share on Twitter
仮想通貨ビットコインの分裂は、デジタル台帳であるブロックチェーン上の取り扱い能力を拡張する目的の「セグウィット(SegWit)2x」と呼ばれるソフトウエア更新でひとまず回避されるもようだ。だが、ブロックチェーンを構成するブロックの容量倍増が見込まれる11月を前に、再び分裂騒動が起きる懸念はある。

イーサリアム共同創業者:ICOは沈静化必要、時限爆弾のような状態

イニシャル・コイン・オファリング(ICO、仮想通貨の新規発行)は、仮想通貨の根幹となるブロックチェーン(分散型デジタル台帳)を利用するテクノロジー企業のクラウドファンディング(資金調達)手法として大きな注目を集めているが、ブロックチェーンの一つである「イーサリアム・ネットワーク」の共同創業者でさえ、今は事態を大いに沈静化させるべきだと考えている。

取引停止の日時は決まっているが取引再開の日時が未定って・・・安心できないなぁ~(とりあえず売っとけよ)

ビットコイン・プロトコルの分岐(フォーク)に関する解説:
ビットコインとは、取引データをブロックに束ねて記録し、それを承認するブロックチェーン上に記録される仮想通貨です。それぞれのブロックに直前のブロックを参照するデータが含まれるので、ブロックの連鎖が作られます。当該ブロックチェーンにおいては、運営のルールの変更などにより、ブロックチェーンが二つに分裂してしまう「フォーク」という状態が発生する場合があります。このようなフォークが生じても、殆どの場合は1ブロックだけのフォークで済み、一つのブロックに収束しますが、フォークの原因であるルール変更について賛否が拮抗した場合、半永続的にフォークが続く可能性があります(賛否両論フォーク)。
今般、ビットコインのブロックに関する運営ルールの重大な変更が提案され、本年8月1日に、ビットコインが発明された以降、史上初と言っても過言ではない「賛否両論フォーク」を迎える可能性があります。その時、フォークにフォークを重ね、3つ以上の並行するブロックチェーンが存在する可能性もあります。
仮想通貨交換業としての第一優先項目が、顧客資産の保護です。今回のフォークを、仮想通貨交換業者における技術面での対応により対処する方法をいくつか検討いたしましたが、当該フォークによる混乱の程度の予想は困難であり、重大なセキュリティーリスクが発生する可能性は否めません。
このような状況を踏まえ、本協会に加盟する仮想通貨交換業者は、様々な検討の結果、顧客資産を可能な限り保護するためには、分岐が起きる前にビットコインの受け入れと払い出しを一時的に停止する措置を取るべきであるという結論に至りました。
なお、当該フォークによって複数のブロックチェーンが並存することとなった場合、ご利用者が当該フォーク前に本協会加盟の仮想通貨交換業者に預託していたビットコインが、分岐した各ブロックチェーンに継続して記録されているならば、上記の受付再開後、各代表的なブロックチェーンにおいて継続されたビットコイン(当該フォークによって一部名称が変更されることがあり得ます)の引出のご依頼に可能な限り応じる予定です。ただし、当該フォーク後、一部のブロックチェーンに係るコインの売買を継続しない可能性があることにご留意ください。

一般社団法人日本仮想通貨事業者協会加盟仮想通貨交換業者
ビットバンク株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
QUOINE株式会社
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
コインチェック株式会社
BTCボックス株式会社
テックビューロ株式会社
GMO-Z.comコイン株式会社
株式会社CAMPFIRE
ビットトレード株式会社
バイクリメンツ株式会社
株式会社東京ビットコイン取引所
みんなのビットコイン株式会社

ビットコイン、8月1日に取引停止 規格変更の動きで市場混乱のおそれ

仮想通貨の交換業者らでつくる日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は18日、各取引所で仮想通貨の一種である「ビットコイン」の受け入れや引き出しの受付を8月1日から一時停止すると発表した。停止を決めたのは、協会に加盟する「ビットバンク」など13社。取引再開の日時は現時点では未定としている。

ビットコイン ある意味地下銀行であり、中国からのマネロンの道具だったわけです。中国国内でビットコインを買う。 海外で使う。で資金規制を逃れられる。 但し、これが成立するには海外に現地通貨が必要で、日本などでの買い手が必要だった。 で、大宣伝なのでしょう。

仮想通貨支える新興企業コインダッシュ、700万ドルのハッキング被害bloom.bg/2u4cD1A pic.twitter.com/s33nj2nXfo

マウントゴックスだっけ?同様にハッキング被害に遭ったといいつつ、マルク・カルプレスCEOがネコババしてたのは・・・やばいニュースかも

マウントゴックス(株式会社MTGOX、英語: Mt. Gox)とは東京都に拠点を構えるビットコイン交換所である。2009年にトレーディングカードの交換所として設立されたが、2010年にビットコイン事業に転換、一時は最大級の取引量を誇るビットコイン交換所になっていた。
2014年2月23日、マルク・カルプレスCEOがビットコイン財団(英語版)の取締役を辞任、同時にTwitterアカウントにあった投稿は消去された。
24日、マウントゴックスは全取引を中止、数時間後にサイトが消去されブランクページになった。あるブロガーによって公開され広まった信頼性不明の流出内部文書によれば、同社は何年も発覚しなかった窃盗行為によって744,408ビットコインを損失し破産に至ったという。同社のサイトが消去される少し前、他のビットコイン交換所6社は、これはマウントゴックスだけの問題であると共同声明を出した。

GBTCの適正価格は100ドル=ビットコインの適正価格は1000ドルであることを忘れずに(日本円では100,000円前後)

Barron’s : Bitcoin Surge Reminds Us Of Tulip Bubble.

ビットコインは4月半ばの1,200ドルから5月25日に2,800ドルに接近、しかしその後は一時は2,000ドルを割り込み、執筆時点では2,300ドル付近へ値を下げて推移している。ビットコインの10分の1の価格に連動するビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)は、26日に405ドルで引け、本来連動すべき価格を76%上回る水準だ。

仮想通貨は、政府にコントロールされていないだけに潜在的価値が高いと言われている。しかし、価値を生み出すためには安定が必要でそれは明白ではない。ビットコインのファンはその価値はテクノロジーにあり、株式として取り扱うわけではないと主張する。その見解は、17世紀にチューリップの球根についた価格についてアムステルダムのコーヒーハウスで聞かれた会話のようだ。

中国人民元、終値ベースで昨年11月以来の高値か-当局の介入観測

そろそろ中国政府が動き出す頃合ですな

バブル状況(チューリップ・バブルと同じ状況が発生中)

人間とは愚かな生き物である (形を変えて繰り返す)

チューリップ・バブル(蘭: Tulpenmanie、 Tulpomanie、 Tulpenwoede、 Tulpengekte、 bollengekte。英: Tulip mania、Tulipomania、チューリップ狂時代とも)は、オランダ黄金時代のネーデルラント連邦共和国において、当時オスマン帝国からもたらされたばかりであったチューリップ球根の価格が異常に高騰し、突然に下降した期間を指す。

http://ur0.pw/DLKx

なぜ相場はバブルを繰り返すのか?~第2回「チューリップバブル」

チーリップバブルは、詳細な記録が残っている中で、人類歴史上最も劇的な価格暴騰、暴落を演じたバブルです。
17世紀オランダでは、富の象徴としてチューリップ栽培が人気を集めていました。1630年頃より珍しいチューリップの球根価格が上昇を始め、1637年に大暴落しました。ピーク時には、球根1個で馬車24台分の小麦、豚8頭、牛4頭、ビール大樽4樽、数トンのチーズ、バター2トンが買えたという、途方もない価格まで上昇しました。
チューリップバブルは、対象が球根に限られ、経済の仕組みもシンプルな時代に発生したことから、バブルの特徴が良く分かります。

@kabutociti ビットフライヤーのテレビCMが始まって最後まで様子見してた人が参入したのも大きいかと bitcoinlab.jp/articles/214

日本人を嵌めこむためにCM流したのかと・・・逆にCM流れたら売りサインと見ていいのでは?

1 2 3





trauma2896さん

このまとめに参加する