1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

メンバーも呆れてる?寺門ジモンの過去エピソードが破壊力あり過ぎ

肉好き芸能人としてもテレビにたびたび登場する寺門ジモンですが、やっぱりこの人はかなり変わっていそうです。

更新日: 2017年01月06日

17 お気に入り 223580 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

musinoneさん

ダチョウ倶楽部のメンバーの寺門ジモン

ダチョウ倶楽部の説教(ダメ出し)担当

肉好きとしても知られる

焼肉に強いこだわりを持ち、「牛肉の話で俺より詳しい人に逢ったことがない!」「4?5歳の雌牛、なおかつ処女の肉が最高なんだ!」等と語っている

「生きるために食べるんじゃない。食べるために生きている。だから、食べることに照準を合わせた生活を送っています」

でも、そのこだわりはもはや異常

牛が「どのように育てられているのか」「どのように流通しているのか」を見るためだけに海外に行くこともあるほど

焼肉だけで年に150万円使っており、焼肉屋のはしごや美味しい店であれば日本全国どこにでも出かけると語ったことがある

無言のプレッシャーで彼女を追い詰めたこともある

彼女が手作りのカレーを振る舞ってくれることになり、寺門は彼女の作業に口を出さないよう、キッチンに背を向けて待っていたという

彼女は寺門の無言のプレッシャーを感じて作れなくなり、寺門が代わりにカレーを作ったという

貯金もいらないと豪語

本人いわく「結婚もしていないので、すべて自分に使う」ような話もしていました

肉以外には自然を愛することでも知られるが

ダチョウ倶楽部・寺門ジモン(53)のもう一つの顔である「ネイチャージモン」

自身もオオクワガタを捕まえるために山に入り、“ネイチャー”とあだ名されるほど日々独自の鍛錬をしているジモン

オレは、木がともだちだったし、雑草も友だちだった、人間じゃなくて、万物が友達だから

これまた行き過ぎたエピソードがある

1 2