1. まとめトップ

【黒崎愛海さん行方不明事件】チリ人のニコラス・セペダ容疑者 消息不明に

金持ちのぼんぼんが自分の言うことを聞かないから黒崎さんを殺害したのではないだろうか?

更新日: 2019年04月17日

1 お気に入り 18369 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

trauma2896さん

【チリ人容疑者尋問へ 筑波大生不明事件】 フランスに留学していた筑波大生の黒崎愛海さんが行方不明になり、直後にチリ人の元交際相手ニコラス・セペダ容疑者が母国に帰国した事件で、容疑者への尋問がチリ検察により17日に実施されます。(写真はAFP時事) 詳しくは⇒jiji.com/jc/article?k=2… pic.twitter.com/ukDqvMxRWF

NHK|2019年4月16日 1時54分 仏検察がチリ到着 容疑者取り調べへ 筑波大学の学生、黒崎愛海さんは、2016年12月、留学先のフランス東部のブザンソンで行方がわからなくなり、フランスの捜査当局は元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ容疑者(28)を殺人の疑いで国際手配。 www3.nhk.or.jp/news/html/2019… pic.twitter.com/AlnhJIeITS

【元交際相手、チリで聴取へ 邦人留学生不明事件】 フランスに留学していた黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、レストレピュブリカン紙はチリ司法当局が4月にも元交際相手のニコラス・セペダ容疑者に対し事情聴取を行うと報じました。(写真はAFP時事) 記事はこちら⇒jiji.com/jc/article?k=2… pic.twitter.com/Eyh8aMuJrr

【仏で邦人不明 男が消息不明か】 yahoo.jp/SwFsu9x 仏に留学していた黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、地元紙は、帰国したチリ人容疑者の消息が数カ月前から分からなくなっていると報道。チリ当局は拘束や仏への引き渡しに応じず。

黒崎愛海さん(ブザンソン留学中 2016年12月から行方不明) の捜査を仏捜査当局が2018年10月末で捜索終了。日本はチリ最高裁判所に元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ容疑者の身柄引き渡しを要請するとしたが犯行を直接裏付ける証拠乏しく、チリ側が要請に応じる見通し薄。 headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?…

2016年12月、仏東部ブザンソンで筑波大生、黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、チリ人の元交際相手ニコラス・セペダ容疑者が今度は行方不明だと報じられています jiji.com/jc/article?k=2…

裏でフランスに引き渡さないように暗躍しているだろうな(犯人の親)

筑波大学の学生、黒崎愛海さん(22)は、去年12月、留学先のフランス東部ブザンソンで行方不明に。 フランスの捜査当局は元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ容疑者(26)を殺人の疑いで国際手配。 www3.nhk.or.jp/news/html/2017…

黒崎さんの行方がわからなくなってから今月4日で1年になるのを前に、フランスの地元の捜査当局が30日、記者会見を開き、ブザンソン近郊の森などで捜索を続けてきたものの、これまでに黒崎さんの発見につながる手がかりは見つかっていないと説明しました。

そのうえでルーモリゾー検事は、チリに帰国したセペダ容疑者について、「集めた証拠に基づき、チリの当局に身柄の引き渡しを要請することになる」と述べ、来年にはフランスへの身柄の引き渡しを実現させ、事件を解明したいという考えを示しました。

フランスの捜査当局としては、身柄の引き渡し要請をチリ側が証拠が不十分だとして拒否するような事態は避けたいだけに慎重に準備を進めてきましたが、地元の市民からは「時間がかかりすぎだ」といった声も出ています。捜査当局はセペダ容疑者の携帯電話の通信データなどをもとにブザンソン近郊での捜索範囲をさらに拡大し、黒崎さんの行方を探すことにしています。

フランスの検察は、黒崎さんの元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ容疑者をICPO=国際刑事警察機構を通じて殺人の疑いで国際手配するとともに、その拘束をチリ側に要請しましたが、チリの最高裁判所はことし2月、情報が不十分だとして拘束を認めない判断を示しました。

フランスの検察は、情報を追加してチリ当局にセペダ容疑者の身柄の引き渡しを要請する方針ですが、準備に時間がかかり、まだ要請に至っていません。

フランスの検察当局から「身柄の引き渡し要請」が届けばチリの最高裁判所の判事がフランス側から示された要請の根拠となる証拠など精査したうえで、審理のための法廷を開きます。この法廷は一般に公開される予定で、フランス検察側の主張を代弁するチリ検察側と、セペダ氏側の弁護士が出廷し、場合によって数日間の審理が行われた後、担当判事は「身柄の引き渡し」の可否を言い渡すことになります。

フランスの捜査当局は、30日、来年にはセペダ容疑者の身柄の引き渡しを実現させ、事件を解明したいという考えを示しましたが、身柄の引き渡し要請をチリ側が証拠が不十分だとして拒否するような事態は避けたいだけに慎重に準備を進めているものと見られます。

チリ最高裁、容疑の男に出頭要請

14日午前9時に最高裁へ出頭するよう求めている。最高裁は3日、同容疑者が黒崎さんの行方不明に関与した可能性を示す情報が乏しいことなどから、拘束を認めない決定をいったん出す一方、同容疑者には2か月間の出国禁止を命じていた。セペダ容疑者が出頭した場合は、容疑の内容や、仏側から身柄拘束の要請があった経緯などについて説明する見通しだ。

フランスに留学中の筑波大生、黒崎愛海さん(21)が行方不明になっている事件で、チリ最高裁判事は3日、元交際相手のチリ人、ニコラス・セペダ容疑者に対する仏当局の身柄拘束要請を退ける判断を下した。

チリで1番のシェアを誇る携帯会社役員である父親が1月3日から10日間の休暇をとっている模様

親が逃走の手伝いをしているような行動をしているとのこと

ニコラス・セペダ容疑者の父親は、チリの大手携帯電話会社を経営しているという情報があります。

そしてチリ国内にいくつもの不動産を所有しているとのことなので、この高級マンションもそのうちの一つではないでしょうか。

ニコラス・セペダ容疑者の国籍や氏名など身元がなかなか明らかにされなかったのは、父親がチリの有力者だったからかも知れませんね。

金持ちのぼんぼんが自分の言うことを聞かないから黒崎さんを殺害したのではないだろうか?

実はニコラス容疑者はチリで1,2を争う
チリ大学出身で頭はすごくよかったそうです。
典型的なサイコパスでしょうか。

フランスに留学中の日本人女子大生が行方不明になっている事件
容疑者が3日、SNSに事件について投稿していたことが新たに分かった
「落ち着いているよ」「悪い事はしていないから」と容疑を否定している

フランスに留学していた黒崎さんが行方不明になっている事件の容疑者として、チリ人のニコラス・セペダの実名と顔が公表された。ストーカーらしき乱暴な面があり家族は交際に反対していたとのこと。

捜索が行われている「ショーの森」

チリのメディアは4日、同容疑者とみられる人物が、チリ中部セレナのマンションに潜伏している可能性があると伝えた。
 チリ捜査当局も同様の情報を得て所在確認を急ぐとみられる。セレナは首都サンティアゴの北約400キロに位置し、マンションにはこの人物の母親らが住んでいる。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017010501000948.html

フランス東部で日本人の女子大学生の行方がわからなくなっている事件で、フランスのメディアは、国際手配されている元交際相手のチリ人の男が、大学生の留学先に近いところにある広大な森に行っていた形跡があると伝え、捜査当局は、この森を重点的に捜索しているものと見られます。

仏女子大生不明事件、やっと容疑者名でました。 父親はチリの大手携帯電話会社の役員 「チリ人のニコラス・セペダ容疑者」 #tvasahi #報ST pic.twitter.com/zIlojqfXoo

フランスの新聞パリジャンとニュース専門チャンネルBFMは5日、この男についてチリ人のニコラス・セペダ容疑者(26)だとして顔写真や映像とともに伝えました。

関係者によりますと、このチリ人の男が、黒崎さんが筑波大学に入学した3年前の平成26年4月から1年間、黒崎さんと同じ筑波大学の国際総合学類に聴講生として留学していたということです。

逃走の男、セペダ容疑者か=邦人留学生の不明事件―仏メディア報道(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-… 仏メディアはチリ国籍の「ニコラス・セペダ容疑者」だとして実名と顔写真を報道。日本メディアは何故公表しない? https://t.co/qppzALWgpX

1