1. まとめトップ

【ネタバレ解説】進撃の巨人の世界観・ストーリーまとめ

3期アニメ放送が決定した「進撃の巨人」最新ネタバレまとめ。原作(漫画)ペースで登場人物や巨人の謎、座標について解説します。

更新日: 2018年07月07日

27 お気に入り 1845669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soki822さん

※このまとめはアニメ3期(2018年7月〜放送)相当のネタバレを含みます※

主に原作90話まで、単行本22巻までの内容をネタバレ解説しています。おそらくアニメだと3期最終話までの内容となります。ネタバレが嫌な方は注意してください。

原作91話からの最新ネタバレはこちらから:https://matome.naver.jp/odai/2150934537882084701

.
.
.

【目次】

1. 世界観全般
2. 巨人について
3. レイス家について
4. エレンについて


ストーリーベースでネタバレをチェックしたい方は以下記事より

アニメ1期・2期
https://matome.naver.jp/odai/2152082381402946901

アニメ3期相当
https://matome.naver.jp/odai/2152092048759375401

.
.
.

※以下ネタバレが続きます※

1. 世界観全般

(1)はじめに

作品の舞台である壁に囲まれた世界は「パラディ島」と呼ばれる島に存在する。

パラディ島は四方を海に囲まれた離島であり、エルディア人と呼ばれる民族が暮らしている。エレンなど壁内世界の人間はエルディア人の子孫にあたる。

(2)エルディア人

エレンなど壁内世界に住む人間たちのこと。特殊な薬で巨人化できる民族DNAを持つ。

太古、巨人化の力を得たエルディア人は、「エルディア帝国」を建国。巨人を軍事兵器として活用していた。

エルディア帝国は大陸に進出。大陸の大国マーレを植民地とし、長らく大陸を支配した。

(3)巨人大戦

今から100年前の戦争。エルディア帝国の王家内紛に端を発し、内紛が世界規模な戦争へと発展した。

戦争の最中、当時のエルディア145代国王がパラディ島に逃走。これを以って、エルディア帝国による大陸統治は終焉を迎えた。

(4)3重の壁

パラディ島に逃げ込んだエルディア145代国王は、巨人を硬質化させた3重の壁(作中舞台)を建造、大陸側への防衛線を築いた。

壁はエルディア145代国王が持つ「始祖の巨人」、あらゆる巨人を操る力で建造された。

(5)レイス家の誕生

エルディア145代国王は王族の存在を隠すため、一族の名前を「フリッツ家」から「レイス家」に改名。

以後レイス家は壁内の一貴族として扱われ、影の実力者として壁内世界を統治し続けていた。

(6)硬直化した戦争の行方

エルディア帝国から巨人の力を奪い取ったマーレ国は、パラディ島への侵攻を計画。ただ、エルディア145代国王が持つ「始祖の巨人」、あらゆる巨人を操る力を恐れ、手が出せずにいた。

一方のパラディ島では、エルディア145代国王が「不戦の契り」を締結。戦争、戦闘行為の放棄を誓い、自ら「始祖の巨人」の力を封じ込めた(その本意は不明)。

エルディア、マーレ双方の「始祖の巨人」めぐる駆け引きが両国のバランス保ち、実に100年もの平和な時間が訪れた。

(7)巨人大戦後の大陸では...

大陸に残った残留エルディア人は、マーレの捕虜となり、大半はパラディ島での巨人化、巨人化死刑となった。

マーレはパラディ島を巨人で埋め尽くすことで、壁内に逃げ込んだ王族らにプレッシャーを与え続けていた。これが100年続き、パラディ島は巨人で溢れかえることに。

刑の執行を免れた残留エルディア人と、その子孫は、「悪魔の末裔」として虐げられ、収容区での監視付き生活が強いられた。

(8)マーレによる「始祖の巨人」奪取計画

今から約20年前、マーレは将来的なパラディ島への侵攻のため、「始祖の巨人」を排除する方針を決定。工作員をパラディ島に送り込み、「始祖の巨人」を物理的に奪い取る作戦を策定した。

これに基づき、マーレではパラディ島に送り込む工作員の育成が始められた。

(9)戦士、名誉マーレ人

「始祖の巨人」の力を奪い取るには、同じく巨人になれる人間、エルディア人の協力が不可欠だった。

そのため、マーレは残留エルディア人の中からマーレ工作員を選別。その役目を担う者を「戦士」「名誉マーレ人」として一族ごと優遇する政策をとり、志願者を募った。

10年以上に渡るマーレ工作員の選別、育成の結果、アニ、ライナー、ベルトルトら6人が工作員に選ばれた。

(10)作中冒頭へ

マーレはアニ、ライナー、ベルトルトらにエルディア帝国から奪い取った巨人化の力を授け、パラディ島に派遣。これが作中5年前の出来事となる。

「超大型巨人」の力を持ったベルトルトはウォールマリアの壁を破壊、壁内世界を混乱に陥れた。

壁内世界の混乱に乗じてアニ、ライナー、ベルトルトが壁内世界入り。「始祖の巨人」の探索に入った。

2. 巨人について

(1)巨人の基本情報

全ての巨人は巨人化の薬を投与された人間(エルディア人)である。

薬を投与されると人間時代の骨格をベースに巨大化。知性を失い、人間だけに反応する生命体となる。基本的に人間の姿に戻ることはできない。

うなじ部分にベースとなった人間が組み込まれており、この部分さえ残っていれば、破損した体表組織が瞬く間に修復される。

1 2 3