1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

魅力的に描かれた登場人物・・・新選組をテーマにした漫画まとめ!

史実を忠実に描いた話から、ゆるりとしたギャグ漫画まで、新選組をテーマにした漫画をまとめました。

更新日: 2017年04月06日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
166 お気に入り 54369 view
お気に入り追加

◎『だんだらごはん』 殿ヶ谷美由記

江戸の貧乏道場に集う沖田宗次郎と山口一は、食の好みも性格も正反対だが、なんとなくつるむ仲。そんなとき、近藤勇を元気づけるために「玉子ふわふわ」という料理をいっしょに作ることになり…!?

来月第1巻が発売の殿ヶ谷美由記の『だんだらごはん』、タイトルから察せられるとおり新選組+料理ものなのですが、これがなかなか面白い。一見際物っぽい印象を受けますが、斎藤一を中心に、若き隊士たち(まだ組結成前ですが)の姿が食べ物を通じて浮かび上がるのが良いのです

だんだらごはんって凄く上手に史実を織り交ぜてきていて感心してばかり…… 知らなくても全然楽しめるんだけど、知ってるとああ〜ってなる話の展開が多くて……

◎『ちるらん 新撰組鎮魂歌』  橋本エイジ、梅村真也

己の強さを求め、ただ闇雲に道場破りを繰り返す、若き日の土方歳三。そんな時、天然理心流・試衛館の近藤勇に挑み、敗北を喫す。土方は雪辱を誓い、試衛館の門を叩いた。

新選組好きの私に拠点長と課長オススメの ちるらん 新選組鎮魂歌 読んでるんだけど…胸熱✨自分の決めたことを何があっても貫き通した彼らの生き方が本当かっこよくて尊敬する

新選組鎮魂歌ちるらんって漫画がめちゃくちゃ面白いですよ!!!!!大好き!!!!! あっこの人!!!!!斎藤さんです!!!!!!!!!! pic.twitter.com/gv4w1eGXmP

◎『毎日が新選組!』  おーはしるい

会津娘・春は間者として京に来た。彼女が内偵するのは「壬生狼」と呼ばれ、恐れられている新選組だった。当初は怖がっていた春だが、ともに生活するうちに彼らへのイメージも変化し始め…

アマゾンのあなたへのオススメに『毎日が新選組!』という4コマがあって、いつものごとく暇つぶしにKindleに落として湯船に浸かりながら読んだわけですが...4コマをナメてた。笑いあり、しんみりもありで、面白かったです。そして山南さん切腹のくだりは本気で泣いた。続きが気になる。

毎日が新選組! 扉絵の涙目の春さんが萌えますね

◎『壬生狼ヤングゼネレーション』 柏葉ヒロ

新選組を野球部に例えたら、池田屋事件は甲子園出場?近藤、土方、沖田は華やかなレギュラー選手陣?そんな中、本編で活躍する彼らはいわば、強豪校になる以前の野球部にいた補欠の1年生達。

「壬生狼ヤングゼネレーション」って漫画、目の付け所が面白い。新撰組の美男五人衆が主人公で今風の若者で描かれてるギャグ漫画なのかと思ったら、ちゃんとそれぞれの最期も描かれてる。4人しかいないじゃんと思ったら佐々木愛次郎はもう殺されたあとだったのね

壬生狼ヤングゼネレーションは、新撰組に実在した「美男五人衆」を中心とした幕末腹切日常系ギャグ漫画。現代のチャラチャラした若者が、新撰組という会社に入ったら、という感じ。ギャグの中にも史実の血生臭いネタが混ざっており、不思議なバランス。新撰組がちょっとわかる人には是非ともオススメ。

壬生狼ヤングゼネレーション(漫画)に出てくる沖田さんに中2心が擽られてヤバイ。こういう頭ぶっ飛んでるタイプの沖田さん好き… pic.twitter.com/EdWQyK9TLb

◎『壬生義士伝』 ながやす巧、浅田次郎

「鬼」「人斬り」と畏れられ、新選組で一番強かったと言われた男・吉村貫一郎。愛する者のために守銭奴と罵られ、愛する者のために人を斬り続けた武士の生涯が今、語られる!

浅田次郎氏原作マンガ『壬生義士伝』を読んだ。 新選組で一番強かったと言われた吉村貫一郎が主人公。 新選組に興味があったので、この作品は非常に嬉しい。物語もしっかりしているし、面白い。

ながやす巧の壬生義士伝が本当に素晴らしい。 と言ったら上から目線かもしれないけど、本当に凄い。 面白い。 志水アキの魍魎の匣漫画版もそうだったけど、原作愛がある気がするのです。 すげえなあ、本当に。

壬生義士伝(原作・浅田次郎、作画・ながやす巧)1、2巻読了。ここまで、話、演出、画力共に非の打ち所の無い「完璧に近い作品」があったなんて!5回も10回も読み返せれる漫画とはこれのこと。面白いし、凄い。

◎『アサギロ~浅葱狼~』 ヒラマツミノル

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する