1. まとめトップ

最高のエンディングを迎え NMB48 セカンドステージへ

年末に日本中に響いたビッグニュース AKB48 夢の紅白選抜   第一位 NMB48 山本彩

通常のAKB総選挙ではなく
日本に無数にあるコンテンツの中で間違いなく最強の破壊力を持つ
NHK紅白歌合戦
その中で勝ち取った一位
さらにNMB48から
トップ16に4人もランクイン

関東での露出が歌番組以外皆無に等しいNMB48が
トータルの票数でいえば決して多くないとはいえ
残したインパクトは絶大
これは村内でどうこうではなく 広告出稿等を考える一般企業や代理店側から見れば
AKB総選挙の順位より紅白の御旗がある今回の選挙のほうがはるかにヴァリューがあり
48の中ではNMBが人気グループで
山本彩がダントツの一位だとの認識が広がったといえる

グループでの活動を誇りに思えるメンバー

そして何よりメンバーがNMBの一員であることを誇りに思えることが非常に大きい
自分たちのキャプテンが日本のトップアイドルである48グループの中で
しかも紅白というエンターテイメントにかかわる全ての人の憧れの場所で獲得した一位
てっぺんとったんで という言葉をお金の力ではなく
実力で見事体現してくれた 山本彩と同じグループの一員であることは
活動をしていく上でも大きな希望となり 
さらなるモチベーションアップにつながりそう

さや姉 みるきー みるるんのこれまでの扱いを見れば
どんなにファンからの支持があってもAKSからは いいように使われるだけで
キングと作詞家だけが儲かるだけの総選挙に何の意味も感じられない
NMBオタも少なからずいたが 今回の結果は溜飲を下げるものとなった
メンバー ファン 一体となって この快挙を喜ぶ声があふれている

NMB48 今年の注目ポイントは?

1.新公演

昨年の6周年の大組閣とあわせた発表された新公演

山本チームN初日1月15日
川上チームM初日1月24日
久代チームB2初日1月31日 

初日まで公演名はふせられる模様 
NMBは ここ天 RESET 逆上がり を約二年八ヶ月という
長期間にわたって上演してきた 
ファンとしては どの公演になるかというのも楽しみだが
シャッフルされたことでメンバー同士の化学反応が起こり
新しい魅力を引き出されることへの期待も高まっている

今まで公演をみたことがないという方も
この新チーム体制ではじまる新公演を機に
ぜひ 劇場や配信で みてほしい
DMM配信では一公演540円(2017.1現在)から視聴が可能
新チームの立ち上げから見ることは
そのチームの物語を全部知っていることになり
新しくNMBに興味をもった方には
自分の推しチームを見つけるチャンス
かっこよくて かわいくて おもろい
女の子たちの奮闘をお楽しみに 

※各チームの展望は下記リンク先に

2.ポスト山本彩を目指す次期エース争い

みるきー卒業後 NMBの活動を活性化させるために
作り出した流れと思われるが そこに五期生山本彩加(山本あ)という新星があらわれ
一気に動き出した模様
当然 中心は 白間になるが そこに矢倉 渋谷 須藤 太田 山本あ が
絡んでいく 10代メンバーのエース格 薮下の卒業は非常に痛いが
20歳以下のセンター経験者が三人(白間 矢倉 須藤) 
さらに バラエティスキルではぶっちぎりNO.1の渋谷
モデル グラビアを中心に活躍し昨年リクアワ1位をもぎとった太田
最新シングルで大抜擢をうけた山本あ が控えるという層の厚さを見せる
誰がセンターにたっても安心して見ていられるだけの
精神的な強さとビジュアルをもったメンバーがそろっており
今年はさらに争いが激しくなる模様
ただしNMBには その個性をいかし 様々な仕事にメンバーが
トライする環境があり ファン自体は他グループほど
ポジションに固執していない傾向が見られる
楽しく 明るく 彼女たちの活躍を見守っていきたい

3.スポーツ分野への進出

2018年サッカーワールドカップロシア大会
     平昌冬季オリンピック
2019年ラグビーワールドカップ日本大会
2020年東京オリンピックに向けて
スポーツコンテンツの活性化は必然ともいえる

幸い NMBはスポーツに強いメンバーが多く
2016年はTORACOとして虎バンに山本 川上ち 薮下が
リーガーエスパニョーラのネット番組に磯がレギュラー出演中
また渋谷の実兄が大学ラグビー活躍し 
親戚が女子サッカー日本代表で活躍するなどメジャースポーツと縁が深いw

野球に関しては 前述のTORACOメンバーと山本あ が阪神ファン
藤江と堀が日ハム 沖田と市川がカープを応援
フィギュアスケートでは川上ちが経験者であり、番組でも浅田姉妹と共演を果たしている
サッカーは 磯がアントラーズ 堀がコンサドーレ 西澤がガンバ
林 山尾はセレッソや代表を応援している模様
特に堀は元々コンサドーレと関係が深く 今回の紅白でも
コンササポから投票の呼びかけがあり 今後ぜひとも関係強化につとめたい
地方出身者も多く 全国各地のスポーツ団体とのコラボ企画等に参加できれば
関西以外の地域での知名度向上にもつながる

またJリーグは放映料金の大型契約により今後10年はこれまでと
比較にならない資金が流れ込んでくるので観客動員の増加を狙った販促イベント等が
増えることが考えられ ビジネスチャンスはあるはず
他にも乗馬をたしなみ 語学(英語とスペイン語)に堪能な上枝もいるので
オリンピック正式種目のニッチ競技へのアプローチも狙ってほしい

4.女性ファンのさらなる拡大

今回の紅白選挙でも 吉田 市川 木下といったメンバーは女性人気の高さでランクインしたと思われる 山本彩を筆頭に 卒業生ではみるきーなどもそうだったが NMBは潜在的に女性人気が他の48グループと比較すると非常に高い 握手券やグッズの売り上げには結びつきにくいが番組出演やフッション系の仕事 広告出演の幅が広がりやすく ビジネスに発展しやすくなる重要なファクターであり 世間 特に女性から忌み嫌われやすい48でもNMBだけは違うという差別化をはかれるような戦略も必要 そのためには48は素人集団といわれるのを払拭できるようなイメージ作りが大切 さいわい非常に厳しいスタッフの指導の下 歌やダンスの評価が高く また運営の奴隷ではなく アイドルの枠に収まらない意志を持った元気な女の子たちが多いので 現在の路線を堅持すれば これまで同様の女性人気を維持できそう ただひとつ気がかりなのはアカリン 女子力動画でアイドルに興味がない女の子への知名度アップを自力で行い 紅白選挙6位という結果は特大のインパクトを与え 本人も号泣するほどの喜びをあらわしていた マスコミへの注目度があがり 例えば コスメブランドからタイアップ的な仕事がはいることになると その利益は大きいのだが 専属になると 今度はそのタイアップ先の商品を中心に紹介PRせねばならず そうなると本当に使いやすいもの いいものではなく そこの紹介にシフトせざるおえないので コンテンツの価値がただのCMとして認識される恐れが高まる とはいえ ただ このまま紹介動画をつきつめていってもビッグビジネスになりにくく 今後どういう展開になるのか その動向に注目したい

5.競争のドキュメントではなく 応援していて楽しいグループを

48とは 徹底した競争を強いられるように見せるフェイクドキュメントともいえる部分がウケて 芸を楽しむのではなく ファンが支えるという 参加型のアイドルグループとして 急成長してきた もちろん大人数のメンバーとスタッフを支えていくには莫大な売り上げが必要であり 苦肉の策とも言える握手券や総選挙が偶然的なヒットを生み出すのだが 結成から10年を越え ファンも高齢化が進み 厳しい状況を迎えている 特に46グループが成長したことで かなりのファンが流出し 新規獲得が難しくなりつつある 48内のファンがよく言う アイドルらしい美人 アイドルらしい活動を求める声も それは現在 全部乃木坂 欅坂が請け負っている 48のノウハウをいかし 美人を揃え ファンに過度の支援を求めず ダンスや歌は最低限に抑え 効率よく稼いでいく 軌道に乗せるまで時間はかかったが 今やAKBと肩を並べるポジションにまで成長している NMBは幸い バラエティや劇場ノウハウに長けた吉本のスタッフのサポートがあり また他の48とは比較ならないほどの豊富なコンテンツを駆使し ルックスや特定のお気に入りメンバーというより 個性的な女の子にフォーカスを当て 育てていく方針で成長しつづけてきた 激しい競争が質を高めることは間違いないが 現在のAKSの状況では 事務所メンがいつまでもいすわり 世代交代するまでに 逸材が次々挫折したり 卒業していることのほうが多く 新規ファンの開拓は非常に難しい状況に見える NMBの独自路線は 運営のあやつり人形のようなパッケージアイドルを好まない関西の気風にマッチしており 48とも46とも差別化ができている 金次第での競争を延々10年以上継続してきたビジネスモデルは 転換期を迎えていると感じる 馬鹿げた競争をあおって 企画のおもしろさではなく 効率よくファンから金を搾り取るようなイベントに できるだけまきこまれないよう 関西の基盤を固めつつ 芸事の力でしっかりとファンの心を捉え 存続可能な利益をあげられ続けるグループへの進化を願いたい 大きな成長を望むなら最大の消費地である関東での露出増加という課題はあるが AKS関連の企画では優遇される確率は0%なので 全国どこからでも視聴可能なネットコンテンツ等でファン拡大をしつつ 個人仕事から増やして行きたい

ネクスト選抜 植村 川上ち 内木 山本彩加に続くのは... 2017注目のNMBメンバー

最新シングルでは プライオリティ 途中下車 の二つのユニットに参加 シングル選抜経験はないが ルックス パフォーマンスについてはメンバーの誰もが認める実力を誇る ただファンへの情報発信は ややあっさりしているところも 古巣であるN復帰により名コンビなるもか復活 新チームでは年齢の近いライバルも多く 新たな刺激の中でもうワンパンチ成長を見せてほしいところ いきなりセンターにいてもおかしくないだけの潜在能力は充分にある 希望するファッション系の仕事を得るためにも知名度向上を目指したい

キャラクターの強さが魅力 見ているだけで周囲の人を明るくしてしまうおおらかさと素朴さはファンに癒しを与えている 実は情報処理等の複数の資格を所持しており 地道に動画作成なんかもできたりする才媛 自然と転がせば 勝手に笑いを生み出してくれるので チーム内で この個性を上手にいかすことができるパートナー作りが鍵 決して酔っ払いキャラのワンパターンではないタレント力を感じる みおりんとのオチが見えないコンビ芸が新チームNで暴発の予感 早くも一部では やまりなの気苦労が心配されはじめている...

なんといっても昨年の24時間テレビの同時進行企画のドラクエゲーム実況で評価爆上げ SHOWROOMでも爆発力のある不安定なメンヘラチックな配信が わりと好評だったが 今回は長時間でもだれさせずに メンバーと協力しつつエンディングまで完璧に盛り上げたことで仕事の幅を広げられそうな気配 本人は舞台女優としての経験を積んでいきたいというところだが 知名度がアップすればチャンスは広がりやすい 一皮むけたあんちゅの姿に期待大

昨年 YNNでは年間を通じて大活躍 とりあえず なるをいれておけば何とか笑いになるってくらいの重宝ぶり 狙って笑いを取れるタイプではなく リアクションの瞬発力で爆発する超天然系 念願の演技の仕事もYNN内で実現 先輩後輩問わず全メンバーから愛される古賀クオリティーをぜひ48村外にも知ってほしい

いじられキャラとして徐々に頭角をあらわしてきてたが 今年の24時間ではいも泥棒という二つ名で大暴れ ただ単純にいじられるだけでなく ふられても適切なリアクションで返せる反応の良さが際立っており 関東出身でお笑いにも興味はなさそうながらも 嫌味の無い笑いを上手にとれるスキルの高さを見せている 渋谷との相性の良さを感じるので 新チームMでのやりとりに注目したい

6周年で見事昇格 この春には高校に進学予定 より一層の飛躍が期待される ダンスや表現力に関しては先輩メンバーからの評価が高く ダンススキルに定評があるメンバーがそろった新チームMでも全く埋もれることなく劇場で輝けるはず また研究生公演ではリーダーシップを発揮し 後輩からかなり頼りにされていた模様 将来のリーダー候補の一人として ファンの期待も膨らむ

24時間テレビの「寺と仏像」を見てもわかるように京都人独特の間をもっており ぶれずに自分の間合いでトークが可能 先輩との絡みはまだまだ未知数な面もあるがMCメンとしての大きな成長に期待したい クレバーで空気を呼んで咄嗟にでるアドリブも研究生の中では 上手にこなしており むしろ先輩メンとの相性がよさそう ダンススキルも確実に成長しており まずは昇格を目指し 研究生公演でスキルをみがいてほしい

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





teamB2さん



  • 話題の動画をまとめよう