1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「鬱になる」ほど悩んだ…年俸ダウンも移籍を選んだ中村俊輔が切ない

J1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(38)のJ1磐田移籍について、両クラブが大筋合意したことが7日、関係者の話で分かった。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年01月08日

14 お気に入り 108495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○J1横浜の中村俊輔 磐田移籍で大筋合意

J1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(38)のJ1磐田移籍について、両クラブが大筋合意したことが7日、関係者の話で分かった。

既に推定年俸8000万円の2年契約で条件面などは合意しており、移籍成立にはクラブ間交渉を残すだけだった。

40歳を現役生活の区切りとしており、磐田での引退も見据えて2年契約を結ぶとみられる。

○名波監督はピッチ上の全権を託す方針

磐田の名波監督は中村のコンディションが万全ならトップ下を任せピッチ上の全権を託す方針。

資本提携する英シティー・フットボール・グループの影響が強い横浜Mの強化方針に対する不信感が強く、移籍を視野に交渉を続けていた。

○大幅年俸ダウンも移籍を決断

中村は横浜Mから年俸1億2千万円の提示を受けていた。磐田では8千万円に下がるとみられるが、移籍を決断した。

サッカーに集中できる環境を欲し、横浜から提示された1億2000万円より条件面で下がってでも新天地を求めた。

「お金じゃない。最後はサッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と、日本代表でともにプレーした名波監督が率いる磐田を選んだ。

○俊輔は「鬱になる」ほど悩んだという

長年支えたスタッフが次々と契約満了を通告されるといった体制変更にショックを受け、モンバエルツ監督とは断絶状態だった。

今オフは編成面に強い影響力を持つシティーグループ主導による強引な世代交代、求心力が低下するモンバエルツ監督の続投決定などでクラブへの不信感を強めていた。

強化責任者のドル氏は間を取り持てず、居場所がないと感じた中村は「鬱(うつ)になる」と悩んだ。

俊輔が鬱になるって言ったのはマジなのか?だとしたらいよいよヤバいぞ

そんなレジェンドの引き出しを「鬱」状態にしたって…… 俊輔のクラブ愛が爆弾に変わったよねたぶん。 この最後の爆発がクラブを変えるかもしれないって。 まだ何も明らかになってないけど、そうじゃない選択を待ちたい。 フロントじゃなくて俊輔、マリノスを信じて祈って待ちたい。

○マリノスにとっては長年チームを支えてきた象徴を失う

関係者によりますと7日までにF・マリノスとジュビロの両チームの間で移籍について大筋で合意したということです。

ジュビロは中村選手の加入で今シーズン、得点がリーグ13位に終わった攻撃陣の強化を図りますが、F・マリノスにとっては長年チームを支えてきた象徴を失うことになります。

○このニュースはネットでも話題になっている

1 2