1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

自由なアレンジが面白くて興味がわく!童話・民話がモチーフの映画9選

童話や民話などはもともと残酷性を秘めたお話が多いのですが、アレンジされた映像化はそのはるか斜め上をいくお話になっていたりします・・・

更新日: 2017年06月12日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
437 お気に入り 79152 view
お気に入り追加

☆ブランカニエベス

監督 パブロ・ベルヘル

キャスト
カルメン:マカレナ・ガルシア
カルメンシータ:ソフィア・オリア
エンカルナ:マリベル・ベルドゥ

#ブランカニエベス 白雪姫のただの現代風アレンジかと思いきや大間違い!モノクロにサイレント、フラメンコの音楽が絶妙。美しき闘牛士の切ない物語。この世界観好きだなあ pic.twitter.com/d0sOKXxA1H

「ブランカニエベス」 白雪姫と闘牛を大胆に結びつけた悲しくて美しい映画です。白黒・サイレントが想像力を刺激します カルメン役のマカレナ・ガルシアがとにかくきれい♡ #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/Vy1gA48jOB

ブランカニエベス 白雪姫×スペイン×闘牛士 面白かった ラストのもの悲しさがヤバイ pic.twitter.com/iU21KhItUI

☆青髭

監督 カトリーヌ・ブレイヤ

キャスト
ドミニク・トマ
ローラ・クレトン
ダフネ・ベヴィール

シャルル・ペローの童話を独自の解釈で実写映画化。“青髭”と呼ばれる金持ちの男と暮らす美貌の妻は、ある日青髭から「絶対に入ってはいけない」と言われていた小部屋に好奇心から足を踏み入れ…。

カトリーヌ・ブレイヤの青髭よかったー。調べてみたら監督は耽美的な作風が特徴らしくてまさに……

2009年にDVDで見たシャルル ぺロー原作の「青髭」 静寂の中で沸き立つ残酷さ、冷たさがあるものの、不思議な透明感に引き込まれた記憶があります。 それにしても主演のローラ クレトン大きくなったね(当たり前) youtu.be/svkZYCRWaU8

カトリーヌ・ブレイヤ監督『青髭』。女の子の描き方が美しい。繊細というよりは丁寧。結末の短いカットの連続は好み。そのぶつ切れ感が『こうしてお前は消え去る』を連想させる。

☆燐寸少女

監督 内田浩

キャスト
リン:佐藤すみれ
内藤勇実:小林豊
氏家治:本田剛文

心に闇[キズ]を抱えた人々の元を謎の少女リンが訪れ、寿命1年と引きかえに「妄想燐寸」を売る。恐る恐る燐寸を擦るが、次第に力に取り憑かれていく彼らを待っていたのは、残酷でせつない運命だった。

映画「燐寸少女」の先行上映会を観てきた。欲望や妄想を具現化していく物語が、パラレルに進んでいく構成がおもしろい。ちょっとホラーチックだけど、心の裏側を見るシーンは滑稽かな。 #マッチショウジョ

映画の燐寸少女見て号泣しました お母さんから「涙もろいおばあちゃんか!」って言われたけどあんなん泣くやろ!!

燐寸少女の映画観てきた。本当に評判通りいい意味で裏切られる出来でした 原作の良いところと映像にして良いところ上手く表現されてると感じました。個人的にはやはり東京タワーの話でやられました。話の内容はわかってるんだけど映像の強みですね。いい映画でした。 #燐寸少女

☆狼の血族

監督 ニール・ジョーダン

キャスト
ロザリーン:サラ・パターソン
ロザリーンの祖母:アンジェラ・ランズベリー
ロザリーンの母:トゥッシー・シルバーグ

思春期の少女の性への恐れと憧れを、少女の見る夢のごとき幻想的な映像で描いた新趣向のホラー。

最近みた映画で狼の血族がおもしろかったなぁ B級ホラーなのかな 変身シーンが独特でやばいです…あとすぐに首がとぶ pic.twitter.com/uPMfyFjO02

『狼の血族』は人狼の跋扈する中世の森で、思春期に足を踏み入れた赤ずきんちゃんが男性の人狼と関わってしまう映画です。狼と少女の血生臭い物語でもあり、性に目覚めた女の子の話でもあり。わりとね、人狼がとっても弱いんです。好きになってくれ… twitter.com/i/web/status/8…

☆ロバと王女

監督 ジャック・ドゥミ

キャスト
王妃、王女(ロバの皮):カトリーヌ・ドヌーブ
王:ジャン・マレー
王子:ジャック・ペラン

娘である王女との結婚を望んだ王の物語であるシャルル・ペロー作の童話『千匹皮』を原作とする。

先週ARTEで放映した昔の映画、ロバと王女(Peau d'âne)まるでティム・バートン監督のような色彩のファンタジー映画だった。1971年にあんな素敵な世界があったのね。

『ロバと王女』を観た。めちゃくちゃかわいい映画!ファンタジック!この世界観すき♡ pic.twitter.com/ENNSmw2Kid

ロバと王女(1970年) 原作は童話作家シャルル・ペローの「ロバの皮」。カトリーヌ・ドヌーブの神がかった美しさだけでも充分鑑賞に値しますが、メルヘンチックで色鮮やかで、ちょっぴり毒のある世界観も楽しめます。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/F3asTVEr23

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する