そんななかで『あさが来た』は大きなチャンスとなった。千代は仕事で家を空けがちな母親のあさに反発していて、ケンカが絶えない。銀行は順調なあさにとって、頭痛の種になっている。小芝は古風な顔立ちがかつらや袴と似合って、明治の娘っぽい。寂しさの裏返しもあって、いけずを言う感じもかわいく見える。物語に登場するや、古芝演じる千代の評判は朝ドラ視聴者層の間ですこぶるいいようだ。

出典小芝風花、『あさが来た』から不遇時代を抜け出すか? | ORICON STYLE

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

古風な顔立ちがかつらや袴と似合う 新進気鋭の若手女優 小芝風花

昨年、NHK連続テレビ小説『あさが来た』で一躍脚光を浴びた女優・小芝風花(19)。2014年には初主演映画『魔女の宅急便』での演技が評価されて第57回ブルーリボン賞・新人賞を受ける

このまとめを見る