1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

上京組に響く…アーティストが歌う「東京」の名曲・エピソード

この春、進学や就職で上京するという方も多いのではないでしょうか。今回は「東京」を感じる楽曲と、アーティストの上京時のエピソードや楽曲にまつわる想いをまとめました。福山雅治/くるり/YUI/カノエラナ/きのこ帝国/The Cheserasera

更新日: 2017年01月24日

119 お気に入り 49227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Rocky58さん

「東京」がモチーフの楽曲は名曲揃い

これから上京する方、故郷を離れ上京している方に是非聴いていただきたい「東京」の楽曲を集めました。

■福山雅治/「東京」

長崎県出身。
高校卒業後、地元長崎市内の電機会社に就職するも、4ヶ月ほどで退職。バイクを売った20万円を持って上京した。

長崎で18年間過ごし東京に来て18年が経った36歳の福山が、もう一度自身のルーツを確認するために制作した。

ピザ屋では訛りがあることから『長崎クン』と呼ばれ、店のイメージに合わないとクビに。運送会社も、給料をきちんと払ってくれないなど、トラブルがあって辞めた

「材木屋のバイトは、とにかく楽しかった。
ボクは東京で初めて、自分の居場所を、「あたたかい」と感じていた。」

■くるり/「東京」

京都府出身のロックバンド。
1998年にシングル「東京」をリリースしメジャーデビュー。

くるりは、京都出身のバンド。「東京の街に出てきました」で始まる本曲はまさしく「上京ソング」

レコーディング時に原からアンアーバーの曲を聴かされ、感銘を受けて後の代表曲である『東京』を作り上げる。

くるりの「東京」って、所持金と口座の残高合わせて500円くらいの時に、足立区の綾瀬で書いた曲なんよ。遠く離れた恋人のことがどうでも良くなったような気持ちになって、すごく不安になったけど、なんだか東京の夜風がそよそよと心を吹き抜けて行ってくれた時、とてもいい気分になって書いた歌。

1.ランチ
2.虹
3.オールドタイマー
4.さよならストレンジャー
5.ハワイ・サーティーン
6.東京
7.トランスファー
8.葡萄園
9.7月の夜
10.りんご飴
11.傘
12.ブルース

■YUI/「TOKYO」

福岡県出身。
ソニーミュージックグループのオーディションでデビューが決まり、東京と福岡を往復する生活が続くが、ドラマタイアップをきっかけに16歳の時に上京する。

自身が地元の福岡から上京する当日の気持ちを描いた曲。

東京に出て来た時は、意識して色んな事を吸収しようと、 必要以上に気負っていた、というYUI。 不安と希望が交差する歌詞には、ありのままの自分を描き出した初々しさが満ちています。

「あの曲は私にとっての原点、初心が歌われている曲」

1. Merry・Go・Round
2. feel my soul
3. Ready to love
4. Swing of lie
5. LIFE
6. Blue wind
7. I can't say
8. Simply white
9. Just my way
10. Tomorrow's way
11. I know
12. TOKYO
13. Spiral & Escape

■カノエラナ/「トーキョー」

佐賀県唐津市出身。
2014年3月高校卒業を機に上京を決意する。
人見知りでアニメ好きという彼女の、“現代人あるある”な歌詞も話題。

「上京したてのときを思い出しながら作りました」とカノエが語るこの曲は、上京した人なら誰もが共感できる感情や体験を表現した“上京人応援ソング”になっている。

1 2