1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

鉄を溶かして道具を作り直したいとはじまった反射炉作り

反射炉作りのコンセプト「自分の手で作りたい」

反射炉とは、金属融解炉の一種。
18世紀から19世紀にかけて鉄の精錬に使われた。
20世紀以降も、鉄以外の
金属の精錬には使われている。
熱を発生させる燃焼室と精錬を行う炉床が
別室になっているのが特徴。
燃焼室で発生した熱(熱線と燃焼ガス)を
天井や壁で反射、側方の炉床に熱を集中させる。
炉床で金属(鉄)の精錬を行う。
鉄鋼の精錬では転炉など他の方式に
取って代わられ使われることはなくなったが、
現在でも銅製錬、再生アルミニウムの
融解炉として使われている。

一般人「道具壊れた。修理に出そう」 TOKIO「道具壊れた。直したいから反射炉作ろう」 一般人「反射炉作るって、島にレンガあつめてくるのか?」 TOKIO「もちろんレンガから作る」 #鉄腕DASH pic.twitter.com/h1aXUeApoO

反射炉作りがレンガ業界でも話題になってる事が判明

【朗報】世界遺産をつくるアイドルはレンガ業界でも話題に #鉄腕DASH

1 2