冬季うつ病は、一般的なうつ病の症状である倦怠(けんたい)感や気力の低下などが起きるものの、他にも特徴的な症状があるといわれています。それは、いくら眠ってもまだ眠いという過眠や、甘いモノや炭水化物が無性に食べたくなる過食などです。

出典冬季うつ病って何? 「眠気がすごい」「甘いモノが食べたい」は要注意 - ITmedia ヘルスケア

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「冬寝ても眠い」原因はこれだった!冬季うつ病とは?

冬だけ寝ても寝ても眠いには原因があった!冬季うつ病かもしれません。そんな冬季うつ病の症状と対策をまとめました。

このまとめを見る