1. まとめトップ

マジ?”洗脳”された芸能人 オセロ・中島 Xジャパン・Toshl

一時はオウム真理教や統一教会、有名人等の洗脳ということで世間を騒がせた。最近は鳴りを潜めているが私達の身近な所で今でも行われています。どのような状況でそうなったのか、その後どのような言動が目立ってきたのか、芸能人の例でまとめてみました。

更新日: 2017年01月12日

1 お気に入り 26923 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そもそも”洗脳”とはどんなものなのか

強制力を用いて、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせること。

アメリカCIAが朝鮮戦争の捕虜収容所で行われた思想改造について報告書を提出したことをきっかけとして、またその後にジャーナリストのエドワード・ハンターが中国共産党の洗脳技法についての著書を著したことで広く知られるようになった。

洗脳されたと言われる芸能人

「僕は長い間自分を見失っていた。その時はそれが必然だと思っている部分もあったけど、今考えてみれば極限の状態だったと思います。自分と同じような被害に遭われる方が出ないように。自分は被害者だけど加害者の側面もあるから」と、これ以上被害者を増やさないための告白であることを述べた。

「自分が有名になったりスターになったりすることが良いことだと思ってやってきたんですけど、自分に関わる人たちが豹変していくと『自分のせいなんじゃないか』って思ってくる」

著書『洗脳』で明らかにした12年にわたる苦悩の日々、恐怖体験を語り、1998年に死去したHIDEさんにも言及。「自分が洗脳されなければ…」と後悔を口にした。

11年に占い師との同居、洗脳疑惑の騒動を起こしたタレントで元オセロの中島知子が、この時とは別の占い師への心酔疑惑が浮上した。
「中島は勝気そうに見えて、実は自分に自信が持てない自己評価の低いタイプなんです。そんな中島を面倒くさがらずに支えて包み込めるのは、必然的に包容力のある年上男性になる。さらに幸運日やラッキーグッズなどの占いにすがって、やっとまともに生活している感じなんです」

洗脳騒動の始まりは、中島知子さんが、当時の彼氏と破局し、激太りしたところからです。

中島知子さんは懇意にしている同居の占い師から洗脳を受け、顔面をテープでぐるぐる巻きにしたり、占い師から様々な指示を受け、持っていた貯金を搾取されたのだとか。

能年玲奈は「滝沢充子に洗脳されて、家族の言葉も聞かずに独立した」という週刊誌のデマが拡散され、洗脳報道が広まってしまったと週刊文春が報じている。
能年の母は、「まったく違います。テレビで変だと思ったのは、玲奈が親の反対にも耳を傾けないで女性演出家(Aさん)と 一緒にいるとかいう話。反対どころか『全然。大賛成やけど』って思いながら見ていました」

阿川「昨年の春ごろから、その滝沢先生に「能年さんが洗脳されている」という報道が出たでしょ、それらを目にしてどう思われました?」
能年「びっくりしました。「洗脳って!?」って感じです」

果たして洗脳はあったのでしょうか?

佐伯玲子は、どんどん宗教団体にのめりこみ、家にあるお金をつぎ込んてしまう。旦那のAKIRAは辞めるよう止めるが、洗脳されている状態の佐伯玲子に何を言っても聞き耳を持ってもらえず。
子宮筋腫が膨れ上がり30cmになったものを、この宗教の教祖に手術を止められ、死ぬ寸前に晒されていた。

佐伯玲子さんは宗教に20年間も洗脳され、2013年頃になってやっと芸能界に復帰できたと言っています。

精神的疲労から解放されるために宗教へと浸かった可能性が…。そして現在はどっぷり浸かっている可能性があるのです。
おかしくなったとされる理由ですが、食事の際に食べ物にスプレーで水をかけてから食べ始めるらしいです。
その水というのが生体エネルギー水!!
自分の食事だけではなくメンバーの食事にも水を掛けているそうで、それが不信感を招いてしまったようです。

ATSUSHIは2006年に喉のポリープ手術を受けており、それをきっかけにスピリチュアル志向が高まり、生体エネルギーを信奉するようになってしまったという。

歌手としても有名でしたが、一躍有名にしたのは統一協会の合同結婚式でした。誰かも知らない相手といきなり結婚をするようですが、これが連日ワイドショーに取り上げられ、結果的に広告塔にもなりました。そして、合同結婚式をあげる日本人女性もたくさんいました。

2006年にエッセイを出版した際には芸能界復帰がささやかれた。しかし同宗教には霊感商法や合同結婚式への参加強要などについて、最高裁で違法との判決がくだったこともあり、マスコミ内からも批判的な声が多く巻き起こっていた。

桜田淳子本人や夫・身内のも大きな不幸や経済的問題が起こっている

辺見マリの性格は洗脳されやすい
●責任が強いしっかり者●頑固で負けず嫌い●完璧主義で
洗脳した相手も元マネージャーとその友人だったということは嵌められたと言ってもいいようです。
その手口と結果をテレビで詳細を語った。
これは一般の人にも洗脳されないために役に立つ内容だったようです。

谷あり山あり(ちゃんと良いこともありました!)の人生を送られている辺見マリさん。

こうやって5億円ものお金を「拝み屋」にだまし取られてしまったのですね^^;

息子の健太郎さんが、幼い頃、難病にかかり、
その治癒を願って、新興宗教にのめり込んでしまったのです。
息子さんの病は、奇跡的に回復したので、その後、音無さんは、夫である村井さんの尽力で、宗教を脱退することが出来た。がその後乳がんを患われ、左胸を全摘出されています。無事退院後今度は、子育てや家事、仕事が思うようにできなくなったことで、ふさぎ込みがちになり、うつになってしまったというのです。

信頼するスタイリストに悩んでいることを打ち明け、そこでダミー団体の『勉強会』なるものに誘われた景子氏は、当時の自分の心がどう動いていったかを語る。
「今振り返ると、自分はブレない物差しが欲しかったんだと思います」
「彼らの示す『絶対』である神様という物差しは、実はとっても楽なんです」 全ての事象に当て嵌めるだけで自分の中で全て解決できてしまう、結果その何も考えなくてもいい状態はとても楽だったんだと思います」
「その時は、家族をはじめ、父があんなに必死に私を愛してくれているという事実を受け容れることができませんでした」
まさに“聞く耳を持たない”状態である。

友人に誘われるがままに教会の人の話を聞きに行き、次第に教会の教えに心酔していくようになり、入信する決意をしました。
当時の彼女は戸惑ったといいます。
自分がむしろ嫌悪していたタイプの宗教の教えに心が動いていたからです。
「貴女にはサタンの血が流れている」と言われたことを真に受け、苦行は必要なことだと信じて信仰を貫いたのです。
しかし、家族や元統一教会会員である牧師に説得され、また教会から離れて考える時間を持てたことで、次第に教会の嘘に気付いていきました。
自分が「コントロールされていた」という事実に気付いていき、山崎さんは、脱会を決心したのです。

1