1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

【韓国籍の男を逮捕】自宅で妻を窒息させ殺害した疑いで、講談社の社員で『週刊少年マガジン』の元副編集長、韓国籍・朴鐘顕(41)容疑者を逮捕。 最近、こんなニュースばかり…。 pic.twitter.com/Jvwj09FixV

「進撃の巨人」産みの親 別冊少年マガジン元編集長の妻が怪死 - (1/2)|ニフティニュース news.nifty.com/article/magazi… 朴鐘顕とか調べれば数秒でわかる事を隠す理由はなんだよ pic.twitter.com/ry0bFEFjfA

捜査関係者によると、朴容疑者は16年8月9日未明ごろ
文京区千駄木の自宅で、妻の首を圧迫して
窒息死させた疑いが持たれている。

朴容疑者が同日午前2時45分ごろ
「妻が倒れている」と119番した。
警察官が駆け付けたところ、階段の下付近に女性が倒れていた。
頭に擦り傷があったが
ほかに目立った外傷はなかった。

朴容疑者は妻と子供4人の6人暮らし。
当初は、妻の死について
「階段から落ちた」と話していたが
その後「階段の手すりで首をつって自殺した」と説明が一変。
周囲に転落を示す形跡がないこと
自殺には無理のある状況だったことから
警視庁が捜査を進めていた。

『進撃の巨人』産みの親としても有名

【きょう夕刊の特ダネ】「進撃の巨人」を担当していた講談社社員が、妻を殺害したとして警視庁に殺人容疑で取り調べられています。容疑が固まれば逮捕される見込みです。 pic.twitter.com/KTEQNHZbO8

「進撃の巨人」は2009年、A氏が編集長
(講談社での呼称は「編集班長」)として立ち上げた
「別冊少年マガジン」で、創刊と同時にスタートした作品。
昨年12月に刊行された同作の最新単行本は
初版202万部で、累計発行部数は6千万部を突破した。

講談社関係者は
「いまや社の業績を支える屋台骨。
無名の若手で実績の無かった諫山創さんの起用を決断し
『進撃の巨人』を世に送り出した
Aさんのセンスは並外れていると言わざるを得ません。
社内では畏敬の念を込めて
“鬼才”と呼ぶ人もいるくらいです」と話す。

講談社編集次長の逮捕にザワつく

ああ、やっぱりそうだ、新生MMRのメンバーのモデルの人や、逮捕された講談社次長って。 pic.twitter.com/j2sLFMHN0e

NHKニュースでは、妻殺害の容疑者は講談社の朴鐘顕とのこと、ニュースのアナウンスと、テロップの年齢が食い違っていたり……。

( ´Ꙩωꙩ` ) >朴鐘顕容疑者(41)「酒に酔って帰宅したら妻が刃物を持っていたので、押さえつけた。その後、気がついたら妻が死んでいた」

妻が変死した事件、夫が韓国籍で講談社の編集次長で巨人の元編集で生みの親という情報量の多さがすごい

1