1. まとめトップ

【西武・メトロ・東急】有料座席指定列車「S-TRAIN」が2017年3月25日より運行開始!

西武鉄道・東京メトロ・東急電鉄・横浜高速鉄道は、2017年3月25日(土)から「S-TRAIN」の運行を開始すると発表した。停車駅・料金・運行本数などを詳しく紹介する。

更新日: 2017年01月29日

0 お気に入り 2937 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

西武鉄道・東京メトロ・東急電鉄・横浜高速鉄道は、2017 年 3 月 25 日(土)から「S-TRAIN」の運行を開始すると発表した。

S-TRAINとは・・・?

西武鉄道新型通勤車両「40000系」を使用し、土休日に西武鉄道西武秩父線~東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速みなとみらい線に、平日に西武鉄道池袋線~東京メトロ有楽町線に導入する有料座席指定列車

【愛称に込めた想い】
お出かけや通勤・通学などの様々なシーン(Scene)に。全席指定でゆったり快適に座れる座席(Seat)で。乗り換えのない(Seamless)直通運転の便利さを。「S」に様々な想いを込め、お客さまに呼びやすく親しみやすい列車(TRAIN)となるように「S-TRAIN」としました。

運行区間・停車駅

土休日の運行は「西武秩父⇔元町中華街間」となる。

西武秩父線・西武池袋線・西武有楽町線・東京メトロ副都心線・東急東横線を直通する。
停車駅は、西武秩父・飯能・入間市・所沢・石神井公園・池袋(副都心線)・新宿三丁目・渋谷・自由が丘・横浜・みなとみらい・元町中華街である。

平日の運行は「所沢~豊洲間」となる。

西武池袋線・西武有楽町線・東京メトロ有楽町線を直通する。
停車駅は、所沢・保谷・石神井公園・飯田橋・有楽町・豊洲である。

使用車両

全列車西武鉄道40000系が使用される。

車両内に「SEIBU FREE Wi-Fi」および「電源コンセント」を導入し、快適な移動時間をお過ごしいただけるほか、観光地へ向かう長距離区間でも安心してご利用いただけるよう、「トイレ」も設置します。

「ロング・クロスシート転換車両」を当社で初めて導入しているほか、「車いす」や「ベビーカー」をご利用のお客さまや、お買い物・旅行などで「大きな荷物」をお持ちのお客さまにも安心・快適にご利用できるスペース「パートナーゾーン」を設置しています。

※S-TRAINではこの状態で運転されることはない

運転本数・時刻

土休日は西武線方面が1日3本、横浜方面が1日2本。

西武秩父まで運行されるのは、各方面1日1本ずつである。

平日は西武線方面が1日3本、有楽町線方面が1日4本。

指定券料金

西武秩父~横浜は1060円、渋谷~西武秩父は710円である。

池袋~西武秩父は710円で、従来のレッドアローよりも10円高い料金設定となっている。

S-TRAINが副都心線池袋駅発着に対し、特急レッドアロー号は西武線池袋駅発着。

平日の指定料金は一律で510円となっている。

指定券発売場所

西武線
西武秩父、飯能、入間市、所沢、保谷、石神井公園の駅窓口および指定券券売機
※その他42駅の駅窓口でも発売

1 2 3