1. まとめトップ

《女性の転職》面接時の服装は?ジャケットから靴まで全身の服装マナーまとめ

転職の面接時の服装のポイントは?普段スーツを着る人も着ない人も、面接となるといつもと勝手が違いますよね。注意しておきたい、全身の面接コーディネートのポイントをまとめました。

更新日: 2019年06月14日

72 お気に入り 897322 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

maymgmさん

転職面接時の服装、何を着ればいいんだろう?

転職活動を始めて、いざ面接!という段階になったときに、どんな服装で行けばよいか迷いますよね。新卒で就活したときはリクルートスーツで良かったけれど、社会人経験を積んで転職する女性は、どんな服装で面接を迎えれば良いのでしょうか?

リクルートスーツはNG

キャリアを積んだ女性にリクルートスーツは不釣合い

新卒時のいかにもリクルートスーツという黒スーツも社会人が着るとちぐはぐな印象で良くありません。面接官は、「転職の面接にリクルートスーツを着てくるということは、大事な顧客との商談の時にもこれを着るつもりなのか!?」 と思うでしょう。

面接に行く時のスーツは「リクルートスーツ」ですか?
その場合は、年齢よりもかなり老けて見えて、あなたの魅力が半減している可能性があります。年齢と合わないな、若作りしているのは自信がないのかなと思われています。

ジャケット必須

スーツでなくても、ジャケットは必要。

ラフな服装OKの業界でも、ジャケットは必ず着用するようにしましょう。

ジャケットのボタンは必ず留めます。二つボタンなら上だけを、三つボタンなら真ん中だけを留めましょう。

パンツスタイルはNG?

自分に似合うものを。また、就きたい仕事に合わせて選びましょう。

女性の場合、スカートにするかパンツにするか選択肢があります。スカートの方が受けがいいと言われることもありますが基本的にどちらでもいいでしょう。自分の雰囲気に合わせて選んで問題はありません。

例えば受付や事務職、秘書など女性らしさを演出するためにスカートスタイルにするのがおすすめです。スカートの方が華やかな雰囲気が出ますので女性としての美しさをだせるのはパンツよりスカートです。

営業職などバリバリのキャリアウーマンのようなイメージを演出するためにパンツスタイルを着用するのがおすすめです。きびきびを活動的な雰囲気が出ますので仕事ができる感じを受けます。

パンツの場合、ベルトは必要?

パンツスーツでインナーのカットソーをウエストインするのであれば、インナーがパンツからはみ出すのを防いだり、素肌を露出しないようにベルトを着用しましょう。ただし女性用のパンツスーツには、ベルトループのついていないものもあります。その場合はベルト着用の義務はありません。

色や素材、デザインは?

ベーシックなカラーをチョイス。ビジネスシーンで一般的に着用されているカラーを選べば問題ないでしょう。ストライプが入ったものを選んでも。
ボトムスは丈に気をつけて。

色は黒・グレー・茶系・ベージュが着回しがききます。またジャケットだけ、スカートやパンツだけでも活用できるものがよいでしょう。少しストレッチが効いている、丈夫な素材であることが大切。

ネイビーは清潔感、信頼感、誠実な印象を与える事から、学生服や、オフィスの制服などにも多く使われている、ベーシックな色です。
ビジネスシーンにおいても、男女ともに人気があり、選ばれている色です。

スカート丈は、立ったときにひざが隠れる程度で、椅子に座ったときにひざ上5cm以内になるようなものを選んでください。
極端なスリットが入ったものや、フレアスカートは避けてください。

パンツの場合の丈はヒールにややかかるくらいがベストです。長すぎるとだらしのない印象を与えますので、裾上げをしておきましょう。

インナーの選び方

シャツ、ブラウス、カットソーのどれでもOK

スーツやジャケットのインナーは、シャツのほか、カットソーでも良いですね。定番の白、淡いピンクやブルーなどの爽やかな感じの色が好まれるでしょう。もしキチンと感を出したいなら、襟付きのシャツがお勧め。胸元が大きく開いたシャツやカットソーはNGなので、気をつけてくださいね。

ブラウスの場合、男性では白シャツがおすすめですが、女性は白ではなく淡い色のブラウスがおすすめです。白はダークな色のスーツと合わせるとリクルートスーツの雰囲気全開です。

インナーをカットソーにする場合のポイント

1 2 3