1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

すごっ…!再ブレイク芸人が成功した、ある「戦略」

ピコ太郎や小島よしおなど、あのブレイク芸人からいろいろ学べた!

更新日: 2017年01月12日

perosyasさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 151394 view
お気に入り追加

今すぐ見習いたい彼らの"英語力"

【出川】
“恥ずかしがらずに「魂」で話しかける”コミュニケーション。語学を習得する本質ともいえそう

PPAPは、語学学習に最適だという話も

PPAPは、まさに踊りながら、「ӕ」の中間音を含む発音を、常軌を逸した表情で反復演習している。

加えて、身体をくねらせる過剰な動きが、「表現力」を高めることにもつながるそう。

出川には、日本人にはない"アプローチ"の仕方が

話を聞いてくれることを前提に「sorry!Do you know ~?」のようにいきなり質問する

これでみんな足を止めてくれるそう。「Excuse me」で間を作らせない、押しの強さも見習いたいところ。

みんなに好かれようとしなくて良い

【本人】
「小島よしお死亡説が出たこともありましたし(笑)、このままじゃ生き残れないんじゃないかっていう」

どちらかと言うと子供に人気があるという現状を踏まえて、徹底して子供に合わせたネタとキャラを作っていくことにしました

「対象を絞る」ことは、リスクもあるがチャンスもあるということ

「ターゲットを狭めることで逆にその先広がってくんじゃないかという気持ちはある」

思い切ってターゲットを絞るという事には大きな価値があるかも

自分を信じれば結果が付いてくる

「芸人やっていても、何も楽しくなかったです。売れる前はずっとバイトしていたし、世間の目も冷たかった」

実はデビューからすでに20年以上が経っている

発言がやり玉に挙げられ、たびたび炎上騒ぎを引き起こして、みるみるうちに好感度を下げていきました

キンコン西野の話

【永野】
「周りの人の意見を聞きすぎていたんです。それまでは周りがいろいろうるさかったんですよ。ルールを作ってくるというか」

「無視した結果、ブレイクに繋がった」らしい。

【西野】
「向かい風は普通、「嫌なこと」だけど、これも前に進む力となる。この「向かい風も追い風」という感覚は常に持っておいたほうがいい」

1





perosyasさん

エンタメ・恋愛ネタなどやっていきたいです~!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう