1. まとめトップ

アトピーのかゆみの原因が解明!EPAS1とは【九州大学】

【新薬に期待?】アトピーが痒い理由の解明!解明の鍵となったスーパーアスリート遺伝子EPAS1とは?

更新日: 2017年02月15日

2 お気に入り 3587 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4gamer.netさん

アトピー性皮膚炎のかゆみの原因となる物質を増やすたんぱく質を発見したと、九州大生体防御医学研究所の福井宣規主幹教授(免疫遺伝学)の研究グループが発表した。

 このたんぱく質の働きを阻害することでかゆみの発症を抑える薬の開発が期待できるとしている。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に9日掲載された。

 アトピー性皮膚炎の患者では、リンパ球の一種から分泌される「インターロイキン31(IL31)」という物質が血中に異常に増えていることが分かっている。かゆみを起こす原因として注目されているが、IL31がつくられる詳しい仕組みは解明されていなかった。

 研究グループは、遺伝子操作でIL31の過剰分泌による皮膚炎を起こさせたマウスと、健康なマウスを比較して調べた。すると、遺伝子操作したマウスでは、「EPAS1」というたんぱく質が増えることでIL31の分泌を促進していることが分かった。

■新薬への期待

・研究者からひとこと:

 アトピー性皮膚炎の病態を解明したいという私達の思いが、ようやく実を結びました。新しい治療薬の開発につながることを期待し、今後さらに研究を進めて参ります。

■EPAS1、別名スーパーアスリート遺伝子について

もともとこのEPAS1は別名スーパーアスリート遺伝子と呼ばれ、運動能力を向上させる働きを持つことがわかっていた。今回の研究では免疫細胞の中ではDOCK8遺伝子とEPAS1が共存していることが判明。共存している時は肌は正常のままだが、DOCK8遺伝子がいなくなるとEPAS1は暴走し、かゆみ成分を大量に出すことが判明した。

かゆみを増やす最重要物質EPAS1(別名「スーパーアスリート遺伝子」血液中の酸素濃度を調整し運動能力を向上させる)が発見されたが、今回EPAS1は免疫細胞内で発見され、DOCK8が免疫細胞内に一緒にいないと暴走することが新発見された。
九州大学生体防御医学研究所・福井宣規主幹教授のコメント。
提供:九州大学。

■ネットの反応

EPAS1! スーパーアスリート遺伝子! 九大ありがとう!もっとがんばれ!

EPAS1だと…!!アトピー性皮膚炎について頼もしい情報が…!!頑張れ!!

EPAS1が増えるのを抑制できる薬品があれば痒みが起こらなくてアトピー改善するってこと?

たんぱく質「EPAS1」を抑え込む開発(新薬)はいいが、このたんぱく質が他の正常機能の因子の1つだったら怖いな(まあ、検証するはずですが) 九大、アトピー性皮膚炎発症に関わる痒み物質の産生に重要なタンパク質を発見:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLRS…

■関連まとめ記事

1