1. まとめトップ

ファンヒータ タッチパネル 電源押しても動かない

寒い冬にファンヒータが故障してしまった!自力で修理したいがどうしたらいいのか!

更新日: 2017年01月15日

2 お気に入り 32600 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

動け!石油ファンヒータ!寒い冬に動かないとは何事か!
というわけでファンヒータの修理動画とかヤフー知恵袋をまとめてみました。

質問 石油ファンヒーターの操作パネルの部分のボタンを押してもまったく点灯いたしません。

石油ファンヒーターの操作パネルの部分のボタンを押してもまったく点灯いたしません。

動くどころか、コンセントを切っているのと同じ感じです。

四月ごろに使い終わって、9月ごろ出してきて、スイッチを押してみると
まったく反応なしです。

一応、裏と表を開けてほこりも取りましたが、本当に突然でわけがわかりません。

パネルの電気系統の故障でしたら、本体はどうもないので残念な気がいたします。

丁寧に使っており、一日中つけっぱなしの状態ではなかったのですが、10年ほどになりますので、寿命でしょうか。
よろしくお願いいたします。

回答

ファンヒーターの修理経験から、まったく電源が入らない症状の多い順
① コンセントプラグの断線(コンセントの抜き差しで断線する)
② 気化器温度ヒューズの断線(気化器の熱漏れ、サーミスタ不良など)
③ 電源スイッチの故障(物理的破損)
④ コントロール基盤の故障(めったに無いです)

①は目視でもある程度わかります。プラグの付け根あたりでコードが切れ掛かっている(窪んでいる)
②③④はご家庭での修理は無理です。電気店に相談しましょう

質問 coronaの、ファンヒーターを、使っています。

coronaの、ファンヒーターを、使っています。
ある日突然、電源が入らなくなってしまいました。何故だか解る方いらっしゃいませんか?

回答

ブレーカー作動・コンセント外れがなく、電源に問題なければ、電流ヒューズの溶断・コンセントの断線等の故障が考えられます。その他基盤の故障も考えられます。近くにある販売店に持ち込んで修理依頼するかサービスセンターへ電話して出張修理を依頼してください。ただし、型式によっては部品保有年限切れで修理できない場合があります。

質問 石油ファンヒーターの電源が入らなくなりました。

石油ファンヒーターの電源が入らなくなりました。どこが故障したのか修理にいくら位かかるのかおわかりの方のアドバイスお願いします。

回答

考えられる一般的な故障については、安全装置の動作(ヒューズ断、加熱防止サーモ温度サーモの動作しっぱなし)、電源コード関連の断線、本体のスイッチ関連の故障、メイン基板の故障と思われます。ダイニチですと地域担当の修理業者がきまっていますので出張料含め税込の7350円で修理できますが地域外の修理業者に依頼する場合は、費用がいくらかかるかは、不明ですよ。まずは、ダイニチのお客様サービスセンターへお聞きすれば担当の修理業者を教えてくださいます。。。。他メーカーは、知りません

石油ファンヒーターの修理手順(よくある故障事例)

石油ファンヒーターが故障すると寒くて困るのですが、故障とは言えない簡単なものは素人でも対処できるものです。燃料切れや灯油への水の混入やファンやその周辺への埃の付着など、修理を依頼する前に自分で簡単にチェックしたいものです。

ファンヒータの分解修理

1