1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたの体の中にはもう一つ"脳"があるかもしれない

滋賀県在住の16歳の少女の卵巣から摘出された腫瘍の中から髪の毛や頭蓋骨、そしてある程度の発達が確認できる脳が発見されました。

更新日: 2017年01月15日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
112 お気に入り 89237 view
お気に入り追加

■16歳の日本人少女の体内から脳や髪の毛が摘出された

そこには髪の毛と頭蓋骨、そして脳の一部が入ったテラトーマが見つかりました

■しかも摘出された脳はかなり発達していたらしい

この少女の卵巣から見つかった小さな脳には、脳幹のような構造と、かなり高度に組織された小脳組織が含まれていました

この「脳」は、幅3cmほどもあり、ニューロン間で電気刺激を伝えることもできた

この件を論文として発表した滋賀県立成人病センターの医師、新宅雅幸さんがNew Scientistで語ったところによると、このケースでは脳がすごく発達していて、それはかなり異例なんだそう

■少女の体内から発見されたテラトーマとは?

テラトーマ(teratoma)とは、teras(奇形)と接尾語 -oma(腫瘍)を組み合わせた生物学用語

異常な組織構造を含む腫瘍。奇形腫を構成する細胞、奇形腫から樹立された細胞株

■その内容物は人体のパーツ?

髪の毛や骨や歯、または脂肪の成分など人間を形作っているさまざまなものが内容物となっている場合があります

■これまで、人体の様々な場所から発見されている

女児の卵巣、男児の精巣にできるほか、体の中心線にそって発生し、お尻の骨の仙尾部(せんびぶ)、後腹膜(こうふくまく)、胸の奥の縦隔(じゅうかく)などにも発生します

大きさは数センチくらいのものから、発見が遅れると10センチを超えることもあります

ヒト以外の哺乳類については馬での報告が多く、豚、犬でも報告されている

■アニメ「ブラックジャック」でも同じような話がありました

漫画『ブラックジャック』(作・手塚治虫、秋田書店)に登場するピノコは、この奇形腫に入っていた身体の各部位を、組み合わせて生まれた人物という設定

■テラトーマが発生する原因は?

はっきりした原因はわかっていませんが、卵巣内のテラトーマの場合、未熟な卵細胞の異常が原因として考えられています

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう