1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

優雅に見えて実は激しい!社交ダンスをテーマにした漫画まとめ

紳士淑女のスポーツといったイメージのある社交ダンスですが、実は意外と体育会系なんです。(ボールルームへようこそ、BUTTER!!!、背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜、ワルツのお時間、PARTNER、ダンシング)

更新日: 2017年03月28日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
101 お気に入り 32030 view
お気に入り追加

◎『ボールルームへようこそ』 竹内友

平凡な中学生、富士田多々良は無為な日々を過ごしていた。そんなある日、謎の男に出会った多々良は訳もわからず連れ去られてしまう。男が向かった先は……何と社交ダンスの教室だった。

「ボールルームへようこそ」って社交ダンスの漫画を読んでるんだがここ最近で一番面白い漫画に出会った。社交ダンスってこんな熱いバトルが繰り広げられてんだな。 これはオススメの漫画だわ。

「ボールルームへようこそ」ってマンガ面白いな!学生時代に芸能人社交ダンス部を楽しみにしてたアラサー世代には直撃だわ

ボールルームへようこそ、のヒロインである雫ちゃんの照れ顔を推したい ボールルームへようこそ面白いから読んでみそ?読んでみそ? pic.twitter.com/QHfODtwMDW

◎『BUTTER!!!』 ヤマシタトモコ

ヒップホップに憧れていたのに、うっかり社交ダンス部に入った元気女子・夏。初めて味わう楽しさと興奮に、どんどん夢中になっていく――!

ヤマシタトモコさんのBUTTER!!!ッて云う社交ダンス部の漫画があるんだけど、凄い面白いし色々考えさせられるから皆に1度読んでもらいたい( ˇωˇ )

BUTTER!!! ヤマシタトモコ先生 社交ダンス部の話。 ヒップホップがしたくて間違えて入っちゃったけど、社交ダンスに魅了された女の子、主人公と オタクで別の部に入りたかったのにいじめっこに勝手に入部届だされて入らされた男の子。 先輩二人も面白い。

◎『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』 横田卓馬

部活紹介で競技ダンス部の華麗なパフォーマンスに感動した高校一年の土屋雅春は、体験入部で同じく未経験の亘理英里と出会う。未知の世界へ踏み出した二人を待つのは!?

背すじをピンとって言う漫画がめちゃくちゃ面白いんだよ!!!!ジャンプで連載してる社交ダンス漫画なんだけど、主人公努力系でまあ〜〜なかなか報われないけどこんな楽しそうだなって漫画ない 最初静岡がモデルだから読んでたんだけど、最新巻すごい熱い…!!!!最高すぎる…

背すじをピン!とは週刊でずっと読んでるけど面白い 全然詳しくないけどウンナンの頃から社交ダンスよく見てる自分がいる( ´,_ゝ`)

背すじをピンと!めっちゃ面白い!!!!! 漫画全巻買ってしまったよね pic.twitter.com/kLrcvAf5be

◎『ワルツのお時間』 安藤なつみ

ダンススクールの息子なのにダンス嫌いの南たんご。“ひめ”という名まえに負けちゃってる牧村姫愛。接点のなかった2人におとずれた<運命の出会い>!?

『ワルツのお時間』よかった~。私も社交ダンスしたい(´・ω・`)安藤なつみせんせの作品は聖ちゃんから好きだわー。銀がかっこよかったなぁ。

「ワルツのお時間3巻」(安藤なつみ)読了。主人公のまっすぐさが可愛くていいです。なんというか、悪い子がいない作品で読んでてほっとするー。この巻で終わりなのがもったいない。主人公の黒い感情もすぐに昇華されるし、すごくまっすぐな話。ダンスは体育会系ってよくわかる

安藤なつみさんの「ワルツのお時間」最終3巻読了。今巻で完結とは淋しいが,きれいにまとめて良い読後感。既刊本も気になるなぁ。

◎『PARTNER』 名香智子

宝珠茉莉花は校則の厳しいアリス学院の生徒。親友の鳥丸小夜子と一緒にディスコに通い、うさばらししていた。ある日、茉莉花は金髪の外国人青年と出会い、ソシアルダンスを踊ることに。

社交ダンス漫画といえば往年の名作、名香智子「PARTNER」。あれは一般人が頭をひねりそうな恋愛ドロドロ話を盛り込んでて面白かった。ペアダンス界らしいっちゃらしいなと。

久しぶりに名香智子先生の「partner」を読み返したが名作は本当に色褪せない。社交ダンスを観賞したくなる~!

ダンス漫画といえばこの時代にこれを描くのか!?と何を読んでも驚かされるセンスセンスセンスそしてインテリジェンスとユーモアの塊日本屈指の漫画家であらせられる名香智子先生「PARTNER」もド名作なので読め

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する