1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

3月のライオン主題歌も!…18歳『ぼくのりりっくのぼうよみ』とは

映画「3月のライオン」の前編主題歌に「Be Noble」が決まった男性ラッパーでありヴォーカリストの「ぼくのりりっくのぼうよみ」さんについてまとめてみました。

更新日: 2017年01月13日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
130 お気に入り 64509 view
お気に入り追加

■映画「3月のライオン」の主題歌を担当

劇場公開日 2017年3月18日

羽海野チカの大ヒットコミックを、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督&「バクマン。」「君の名は。」の神木隆之介主演で実写映画化する2部作の前編。

3月18日に前編が、4月22日に後編が公開される神木隆之介主演の映画「3月のライオン」の主題歌が明らかになった。

ぼくのりりっくのぼうよみは書き下ろし新曲「Be Noble」で前編の主題歌を、藤原さくらはスピッツ「春の歌」のカヴァーで後編の主題歌をそれぞれ担当する。

この曲について彼は「主人公の零君が、必死に足掻き自分の居場所を求める様子に感動しました。その姿から、Be Noble(=気高くあれ)というタイトルを思い付きました」とコメントしている。

なお、楽曲はYouTubeで公開された予告編で聴くことができる。

映画『3月のライオン』予告編②

3月のライオンの主題歌ぼくりりなん…!びっくりたのしみ!!

■大学一年生の18歳「ぼくのりりっくのぼうよみ」とは

生年月日:1998年2月12日
出身地:神奈川県横浜市

神奈川県横浜市在住の男性ラッパー/ヴォーカリスト。

当初より“紫外線”や“ぼくのりりっくのぼうよみ”名義で動画投稿サイトにて活動開始。

高校2年生の時、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。

提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴びる。

■当時、まだ高校3年生ながらメジャーデビューを果たします

1. Black Bird
2. パッチワーク
3. A prisoner in the glasses
4. Collapse
5. CITI
6. sub/objective
7. Venus
8. Pierrot
9. Sunrise (re-build)

高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャー・デビュー。

実は彼、国語の全国模試で1位をとった経験がある。そして、数か月後には大学受験を控えているという。

卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の優しい歌声と表現力で大きく注目される。

ぼくのりりっくのぼうよみ - 「CITI」ミュージックビデオ

ぼくのりりっくのぼうよみ - 「Sunrise(re-build)」ミュージックビデオ

ぼくのりりっくのぼうよみ - 「sub/objective」ミュージックビデオ

めっちゃ良い曲RT @Dai_Ikeda: MVに出演させて頂きました。黒髪がわたしです。とにかく本当に素敵な曲です…いちど観て、聴いてもらえればわかるハズ。是非youtu.be/HKThn7Phxkk

ひとりの世界入り込みたいとき割とぼくりりに助けてもらってる #hollowworld pic.twitter.com/FvDSLLCaNb

■無事に大学生となり、2016年7月には4曲入りEPをリリース

1.Newspeak
2.noiseful world
3.Water boarding
4.sub/objective (remix)

EP自体のテーマとして、「いろいろな原因(情報が氾濫していたり、語彙が少なくなって色々なことを考えられなくなったり)で最終的に感性や意識を喪失してしまう」というものを設定。

1 2





ラガモさん