This is where I learned that change only happens when ordinary people get involved and they get engaged, and they come together to demand it.

After eight years as your President, I still believe that. And it's not just my belief. It's the beating heart of our American idea — our bold experiment in self-government. It's the conviction that we are all created equal, endowed by our Creator with certain unalienable rights, among them life, liberty, and the pursuit of happiness. It's the insistence that these rights, while self-evident, have never been self-executing; that We, the People, through the instrument of our democracy, can form a more perfect union. What a radical idea. A great gift that our Founders gave to us: The freedom to chase our individual dreams through our sweat and toil and imagination, and the imperative to strive together, as well, to achieve a common good, a greater good.

【意訳】そこで私は学んだのです。普通の人たちでも積極的に取り組み、ひとつにまとまることで、その思いは「チェンジ」をもたらすのだと。

大統領の8年間を務めた後もその思いは変わりません。しかも、それはまさに、自治というアメリカの偉大な試みでもあるからです。すべての人は神のもと、平等に生を受け、奪うことの許されない権利を有しています。しかし、命、自由、幸福の探求などの権利は黙っていて与えられるものではありません。民主主義という手段を通して、なしえることなのです。神がくれたもの、それは、我々が汗水流して個々の夢を追う自由、そして、団結してよりよいものを目指す責任でした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

オバマ大統領が最後に残したメッセージ(退任スピーチ)で学ぶ英語

「スピーチ倒れ」という批判も多いですが、オバマ時代の功績は少なくありません。そして退任時の挨拶でのメッセージにも、考えさせられるものがあります。生英文に触れてみましょう。訳はあくまで意訳です。

このまとめを見る