1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Stockgeniusさん

筑波大学ら、網膜に画像を直接投影することで、現実空間と仮想オブジェクトの調和を実現する透過型ミラーデバイスを用いたレーザ投影システムを発表

我々は,広視野角なHMDを実現するための新たな手法を提案します。具体的には,微細な鏡構造から成るTMD(Transmissive Mirror Device)を転写光学系として利用し、レンズと同じ効果を持つ光線情報を眼前に再生することで,従来の光学系に比べて視野角を損ねずにシースルー型HMDを実現しました。

我々は,メタマテリアルミラーを用いた新たな網膜投影手法を提案します。具体的には, TMDを転写光学系として利用し,プロジェクタと同じ効果を持つ光線情報を眼球内に再生することで,広視野角かつ広いアイボックスを伴った網膜投影を実現しました。
本方式は,近視や遠視の方にも正しい映像を表示するためのロービジョン技術に応用できるほか,小型で長時間使用していても疲労を感じにくいウェアラブルゴーグルを実現することができます。

~中国におけるアスカネット社製ASKA3Dビジネス~ 新光商事

事例:⾧城汽車(GWM)の未来型コンセプトカー(北京モーターショー内)
ASKA3D搭載のRenesas製Cockpitモジュールが採用。
AIコンシェルジュを実現!

HAVAL WEY X

Xは、クーペのようなスタイリング、2つの大きなドア、低い屋根のライン、小さなガラスハウス、高いウエストラインを備えた完全電気自動車です。

ASKA3Dを使ったAIコンシェルジュ

CeBIT 2018(ドイツ・6/11~15)での 出展内容のお知らせ

CeBIT 2018 アスカネット展示品の見どころ
1. 量産を前提とした樹脂製ASKA3Dプレートの展示
2. ASKA3Dプレートを活用したロボット操作
3. ショーウィンドウから飛び出す操作盤
4. 原理説明用スケルトン筐体の展示など

ドイツを中心にヨーロッパでは、自動車をはじめ、航空や医療など様々な分野で非接触タッチパネルの需要が見込まれています。

そこで、樹脂製ASKA3Dプレートを使用した非接触操作盤の展示をはじめ、自動車業界や医療業界に応用できる技術の展示し、製品への組み込み用途としての活用を促進してまいります。

バックミラーの村上開明堂がアスカネットのASKA3Dプレートを活用した空中浮遊スイッチを搭載したマルチディスプレイを自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」に出展しました。

マルチディスプレイ
①可動する空中浮遊スイッチによる視認性・操作性の向上
②高輝度化・映り込み提言による視認性の向上
③高応答性センシング技術によるストレスフリーの実現
④コンシェルジュ連携によるわかりやすい操作盤

新光商事 空中ディスプレイ 医療市場を開拓

このほど空中に浮かんだ映像を指で操作できる「AIplay-AirMouse」を開発。医療現場で手術に携わる術者などを対象に、画面に接触することなく指による操作で医療画像を拡大、回転できる「空中マウス」として提案を行っていく方針。

術者自身の操作で医療画像を的確に表示できる(イメージ)

北京モーターショーの記事から

ASKA3Dプレートを活用したセンターコンソール部分の空中ディスプレイが「Chery社」の「Exeed」というコンセプト車に搭載されました。

体验奇瑞LlON智能座舱
 在奇瑞汽车展台lifestyle区,还展示了LION智能座舱和EXEED概念车等智能化黑科技产品。LION智能座舱集合了全息投影、增强现实AR、智能家居互联等最新技术, EXEED是奇瑞汽车全新打造的高端品牌,是奇瑞汽车预判未来出行需求,为消费者打造的智能化产品。

LIONスマートコックピットには、ホログラフィックプロジェクション、拡張リアリティAR、スマートホーム接続などの最新テクノロジーが組み込まれています。

EXEED这个技术真的是黑科技,我们在科幻电影经常看到主角面前放了好几个全息投影的屏幕,上面显示各种数据的画面,邦老师多次幻想自己也能体验一把这种高科技。奇瑞虽然小小的满足了邦老师的这个梦想,但实际使用起来,还是会出现不习惯的问题,比如邦老师就没法很好的控制点击的力道,经常出现整个手都穿过屏幕的奇妙场面。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11