1. まとめトップ

中国の大気汚染が深刻に…「洗肺ツアー」なるものが流行ってる??

中国の大気汚染で、健康や交通状況など生活に支障が出ています。そんな中、中国では「洗肺」という言葉がよく検索されているそうです。

更新日: 2017年01月16日

0 お気に入り 13319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tmck777さん

北京の大気汚染が深刻な状況に…

中国は、2017年の始まりを、濃霧に対するものとしては同国史上初となる最高レベルの「赤色警報」と共に迎えた

昨年公開されたデータによると中国では1日当たり4,400人が大気汚染により命を落としているという。

※昨年=2015年

▼2016年12月、空港が10時間も閉鎖

週末(3日)、中国四川省・成都の国際空港がここ数年で最悪のレベルのスモッグに覆われ、およそ10時間閉鎖状態となって、2万人以上が立ち往生しました

対策として、新しい組織が新設された

一時しのぎの『ミストキャノン』

細い霧状のものを上空に発射し続け、その水分が大気中の汚染物質に吸着し、洗い流してくれるというもの

PM10などの微粒子を捕まえるために最適な大きさとされています。これよりも小さいPM2.5などは現在の技術では対処が難しい(出さないようにするしかない)とされています。

ネットではあるキーワードが頻繁に検索されている

『洗肺ツアー(スモッグ回避旅行)』が人気に!

新鮮な空気に対する欲求が中国の海外旅行需要の拡大における大きな要素となっている

中国の旅行サイト最大手、携程旅行網(シートリップ)は16日、こうした「避スモッグ」旅行者は12月だけで15万人を超える見通しだと発表した

▼主な旅行先

1 2