長澤まさみさんが演じた「きり」については、ドラマの前半では主人公の真田信繁(幸村)に対する強気な態度や、清純派ヒロインにはあり得ないウザさに賛否がありましたが、後半にかけては、信念を貫く凛(りん)とした姿から一気にその評価が上昇しました。

出典17年の女子は自律力~真田丸きり・長澤まさみに学ぶ|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【真田丸ロス】後半にかけてジワるヒロイン「きり」の魅力。~女の自律心~

真田丸で最初から最後まで真田信繁(幸村)を支えた女きり。最初はとってもウザいとおもいつつも、九度山の幽閉にも、大坂の陣にも付き添って、気が付けば愛情の口吸いまで。。。彼女の魅力がジワリジワリおわってみれば、きりの大ファンに。2017年になっても忍び寄る真田ロス!!

このまとめを見る