1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

m.strong.9さん

そもそも肩甲骨って?

左右に羽のようについています。

肩甲骨は、私たちの背中にある、肩と腕をつないでいる骨のこと。

出典http://nurse-riko.net/肩甲骨はがしストレッチ/

実はこの肩甲骨、鎖骨としか接続していません。

出典http://nurse-riko.net/肩甲骨はがしストレッチ/

そのため、ほかの骨の影響を受けにくく、“自由な動き”ができるという特長があります。

「肩甲骨はがし」とは?

肩こりが酷い人や姿勢が普段悪い人などの特徴として、肩甲骨周りが非常に凝り固まっているということがあります。

実は整体院などではよく行われ、肩甲骨の稼動域を広げることができる施術の一つです。

肩甲骨がスムーズに動かなくなる原因は?

車の運転を長時間続けるなど
同じ姿勢を続けると悪影響が…!

デスクワークや、パソコンやスマホを操作していると、
前かがみの姿勢が長時間続き、肩甲骨はより動かなくなってしまいます。

また年齢とともに筋肉は衰えていきますから、本来宙に浮いている状態であるはずの肩甲骨が、体の内側にへばりついたような状態になり、猫背になってしまいます。

肩甲骨をほぐすと嬉しい効果しかない♡

肩甲骨はがしをすることで、肩甲骨周りの血行がよくなりコリがほぐれるだけではなく、実は姿勢矯正、バストアップ、ダイエットにまでなるいという驚くべき効果まであるんです。

出典http://肩甲骨.xyz/22/

▼肩甲骨はがしエクササイズのやり方

1.肩甲骨はがしエクササイズ <肩回し>

①右手を右肩、左手を左肩に置きます。

②肩の力を抜きます。

③ひじで大きく円を描くように、後ろ回しで5~10回ほど回します。

前に、上に、後ろに、下に、それぞれ意識して、できるだけ遠くを通って大きな円を描くように回すとよいです。

④後ろ回しが終わったら、前回しを5~10回ほど行います。

2.肩甲骨はがしストレッチ <猫の伸びのポーズ>

①床に四つん這いになります。

②息を吐きながら、両手を前に滑らせます。

③深く呼吸をつづけながら、20~30秒ほど伸びのポーズをキープします。

④息を吸いながらもとに戻ります。

3.肩甲骨はがしストレッチ <デスクワーク中>

① 頭がまっすぐの状態から耳を肩に近づけるイメージで首をひねります。

②20~30秒ほど行ったら逆側を同様に行います。

※この時、顔が前後にぶれないように
目線はまっすぐのままで行いましょう。

続いて先ほどの左右へ首を傾けた運動にひねりを入れていきます。

③頭がまっすぐの状態から首を並行に傾ける所までは先ほどと一緒です。

④その後、目線を肩へと向けます。

そのまま20~30秒キープして逆側も同様に行います。

動画でわかりやすく紹介♡

肩甲骨はがしストレッチは、
場所を選ばずに手軽にできるので
ぜひ試してみてくださいね♡

1