1. まとめトップ

初代iPhone発表から10周年!iPhoneの10年間を振り返って見よう!!

Appleが「iPhone」を初めて発表してから丸10年 になります。初代から現在まで歴代iPhoneシリーズを振り返ってみる。

更新日: 2017年11月02日

17 お気に入り 105842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iPhoneは私たちのお客様の生活に欠かせない一部となっており、これまで以上にコミュニケーション、エンターテインメント、仕事、生活の仕方を再定義しています。iPhoneは最初の10年でモバイルコンピューティングの標準となりました。

現在では200万種類を超えるアプリがiPhoneに提供されており、通勤、通学方法から家族や友達とのコミュニケーションのとり方まで、あらゆるものに変化を及ぼしている。それと同時に、iPhoneの登場によって、膨大な数の類似製品が登場し、スマートフォンなしには成り立たない新しい産業がいくつも生まれた。

初代iPhone(2007年1月9日発表)

iOS:iPhone OS 1.0 〜 iPhoneOS 3.1.3
CPU:ARM 1176JZ(F)-S。620MHz → 412MHz
メモリ:128MB
ストレージ:4GB, 8GB, 16GB
ディスプレイ:3.5インチ 480×320(画面縦横比3:2)、163ppi
センサー:加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
カメラ(背面):200万画素。動画撮影機能:なし
カメラ(正面):なし
SIM:mini SIM
色:シルバー

米国時間の2007年1月9日に当時のAppleの最高経営責任者(CEO)だった故スティーブ・ジョブズがサンフランシスコのモスコーンセンターで突如として初代iPhoneを発表した。

iPod(デジタルオーディオプレイヤー)・通話機能・インターネット/電子メールの機能をあわせ持つ、全く新しいタイプの携帯型情報端末の発表に、メディアもアメリカ国民も大注目!

今までの物理キーが搭載された携帯電話からタッチパネルの操作が当たり前のものとなり劇的に操作方法がここ数年で変化を遂げました。

現在発売されているスマートフォンのベースとなったのは間違いなく初代iPhoneであり、タッチ操作の基本であるタップやピンチなどのマルチタッチ操作は2007年に発売された初代iPhoneで搭載されたのです。

iPhone 3G(2008年6月9日発表)

iOS:iPhone OS 2.0 〜 iOS 4.2.1
CPU:ARM 1176JZ(F)-S。620MHz → 412MHz
メモリ:128MB
ストレージ:8GB, 16GB
ディスプレイ:3.5インチ、480×320(画面比率3:2)、163ppi
センサー:加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
カメラ(背面):200万画素。動画撮影機能:なし
カメラ(正面):なし
色:ホワイト、ブラック
キャリア:SoftBank

2008年6月9日、WWDC 2008の基調講演にて発表され、北米や欧州、オーストラリア、日本、香港など22地域で同年7月11日に発売された。これも日本で初めて発売されたiPhone 。

初代iPhoneは通信方式が日本で利用されていない「GSM」ということもあり、国内発売されなかったが、3G対応でめでたく日本でも発売されることとなった。

バッテリーについても改善しており、待ち受け状態で300時間、連続5時間の通話、高速なブラウジングのみなら5時間から6時間、ビデオ再生だけなら7時間、音楽再生だけなら24時間もつとのこと。また、GPSを搭載。Googleマップと連動可能。

iPhone 3GとともにiPhone用のネイティブアプリケーションをダウンロードできるオンラインストア「App Store」が発表された。

iPhone 3GS(2009年6月9日発表)

iOS:Phone OS 3.0 〜 iOS 6.1.6
CPU:Samsung S5PC100。833MHz → 600MHz
メモリ:256MB
ストレージ:8GB, 16GB, 32GB
ディスプレイ:3.5インチ、480×320(画面比率3:2)、163ppi
センサー:加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
カメラ(背面):300万画素。
動画撮影機能:640×480ドット(VGA)、最大30fps
カメラ(正面):なし
色:ホワイト、ブラック
キャリア:SoftBank

iPhone 第三のモデルiPhone 3GSが発売から3日で100万台以上売れた。またiPhone向けの新OS「iPhone 3.0」はリリースから5日間で600万ダウンロードに達したという。

処理性能がiPhone 3Gと比べて最大2倍高速化され、バッテリー寿命も長くなったほか、3メガピクセルのオートフォーカスカメラ、ビデオ撮影、テザリング機能、音声コントロール(ハンズフリーボイスコントロール)、アクセシビリティ、デジタルコンパスといった機能が追加された。

iPhone の全世界で2008年度の販売台数は最大で1700万台。これまでにない勢い!

最速・最高性能 iPhone。「(3G Sは) 本当に速い。メッセージングアプリ(SMS/MMS)の起動など単純なことなら2倍速い。なにもかもが速くなっている」。3G通信速度も高速化。規格上の下り最大が 7.2MbpsのHSDPAに対応。

iPhone 4(2010年6月7日発表)

出典smhn.info

iOS:iOS 4 〜 iOS 7.1.2
CPU:Apple A4。1GHz → 800MHz
メモリ:512MB
ストレージ:8GB, 16GB, 32GB
ディスプレイ:3.5インチ、960×640(画面比率3:2)、326ppi
センサー:加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
カメラ(背面):500万画素。
動画撮影機能:1280×720ドット(720p HD)、最大30fps
カメラ(正面):30万画素
色:ホワイト、ブラック
キャリア:SoftBank、au

刷新されたデザイン
iPhone3GSの4倍の解像度をRetinaディスプレイにより実現
2つのカメラが搭載+ビデオ通話機能「FaceTIme」搭載+HDビデオ撮影
バッテリー性能が40%向上
端末の回転速度を計測できる「3軸ジャイロスコープ」を新たに搭載

本体幅も小さくなり、ぐぐっと凝縮したようで、まるで高級腕時計のようなたたずまいを感じさせる。側面のステンレス部材をサンドイッチするように2枚のガラス素材で挟んでいる。iPhone 3GSに比べると、かなり角張ったデザインに生まれ変わったが、これがまたカッコイイ。

iPhone 4アンテナ部を手で覆ってしまうと、電波の強度は大幅に低下してしまうから、Appleはバンパーの無償提供を余儀なくされる。

iPhone 4S(2011年10月5日)

iOS:iOS 5 〜 iOS 9.3.5
CPU:Apple A5。1GHz → 800MHz
メモリ:512MB
ストレージ:8GB, 16GB, 32GB, 64GB
ディスプレイ:3.5インチ、960×640(画面比率3:2)、326ppi
センサー:加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
カメラ(背面):800万画素。
動画撮影機能:1920×1080ドット(1080p HD)、最大30fps
カメラ(正面):30万画素
色:ホワイト、ブラック
キャリア:SoftBank、au

スティーブジョブズ氏の最後のiPhone。アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、日本の7地域で同年10月14日に発売され、3日間で400万台を突破した。

iPhoneとしては5代目に当たる機種だ。ディスプレイは3.5インチ(960×480ドット)、CPUはデュアルコアのApple A5を搭載する。搭載メモリは512MBだ。OSは当初iOS 5を搭載しており、音声アシスタント「Siri」が使えるようになったのも当機からだ。

1 2 3