1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

567891234さん

ケニー・アッカーマン

長身痩躯で鋭い眼光の持ち主。「切り裂きケニー」の異名を持つナイフの使い手。中央第一憲兵団に所属し「対人制圧部隊」の隊長でもある。部下からはアッカーマン隊長と呼ばれている。
その風貌や残忍な行動からは想像し難いが、意外に饒舌である模様。ただし、冗談は笑えないようだ。

商会長リーブスとの会話でリヴァイを「リヴァイ・アッカーマン」と呼んで話題に出し、リヴァイのフルネームを明らかにした。彼とリヴァイは過去に一緒に暮らしていた時期があり、リヴァイに様々な処世術を教えたらしい。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、リヴァイはケニーの実力について「脅威の度合いで言えば・・・敵に俺がいると思え」と語り、他の新リヴァイ班のメンバーを憂鬱にさせた。

ロッド・レイスの指示により、ヒストリアとエレンの身柄を確保し、レイス家の地下にある洞窟においてヒストリアを巨人化させエレンを食わせることでエレンの持つ巨人の力をヒストリアに継承させることとなった。ケニーはこの機会を奇貨として自身の夢を実現させようと行動するが、ロッドよりレイス家の人間でないと巨人の力を完全には発揮できないことが語られ、意気消沈。さらにヒストリアの予想外の行動により、ロッド自身の思惑もはずれロッドが自ら巨人化した影響を受け、火傷と出血の重傷を負いつつもかろうじて洞窟内から脱出した。しかし、その傷は致命的なものであり、木の根元で動けなくなっているところをリヴァイに発見され、彼とリヴァイの母親との関係などについて語った後、巨人化の薬をリヴァイに託して息を引き取った。

ケニーの回想に登場する彼の祖父から、アッカーマン家は元は王家に仕えていた武家であり東洋人の一族らとともにレイス家の「記憶操作」が効かない少数民族であること、しかし東洋一族と同様に王政の方針に反対したため王政から迫害され命を狙われてきた過去を持つこと、アッカーマン家はケニーの曽祖父の代で王政からの迫害を逃れるために壁内の真の歴史を後世に伝える事をやめてしまったが、王政はアッカーマン家の存在を酷く恐れており迫害が止むことはなかったこと、が語られた。

ケニーには生き別れになった妹がおり、その妹、クシェルは再会した時には地下街の娼婦として働いており、客の子供を身籠り出産することを決意していたという。その子供はリヴァイであり、ケニーは客から移された性病のため亡くなったと思われるクシェルの遺体の側にいた彼をクシェルの忘れ形見として拾い地下街で生き抜くための術を教えた上で、彼のもとを去った。

また、アッカーマン家の分家が中央からの迫害から逃れ、シガンシナ近郊に移住していることが言及されていたことから、その中にミカサの父が含まれていたものと思われる。

その後のケニーの回想によれば、ケニーはかつてウーリ・レイスを襲撃して失敗。巨人化したウーリに捉えられ握りつぶされるべきところであったが命を救われ、逆に王家がこれまでアッカーマン家に対して行ってきた仕打ちについて謝罪された。これに心を動かされたケニーはウーリに降り、友人として迎えられた。この一件により、王によるアッカーマン家への迫害は終了したようだ。ウーリの死後、ケニーはレイス家が持つ巨人の力を奪いこの世界を盤上ごとひっくり返すという夢を実現させるべく、中央憲兵の中に対人制圧部隊を組織し、その機会を虎視眈々とうかがうこととなった。

ジェル・サネス

王都の中央第一憲兵団所属の年配兵士。王政の命令により調査兵団の兵舎に匿われていたニックをラルフとともに襲い、彼を拷問した末に殺害する。その際爪をはがすなど数多くの残虐行為で追い込んだが、エレンとヒストリアの居場所は最後まで聞き出すことができなかった。ニックの身柄を確保しつつも拷問と殺害をその場で行ったり、ハンジがニックの身元を偽装していたことを確認していないなど、王政直属の身分と秘匿性の高い職務の性質もあってか、活動の手法はかなり大雑把。
その後、調査兵団と結託したリーブスにより罠にかけられて崖から馬車もろとも落とされ、ラルフとともにリヴァイ達に捕縛された。ハンジに手ひどい拷問を受けるも耐え、王に対する高い忠誠心を示した。その一方で自分が今までやった拷問の凄絶さを身をもって知り、良心の呵責から自分を嬲り殺しにしてくれるよう懇願する。しかしラルフの「演技」に騙されて心が挫けてしまい、レイス家が本当の王家であることを告白した。

彼の回想では、エルヴィンの父親やヒストリアの母親の殺害に関与していたことが描かれている。
フリッツ朝崩壊後は新体制による粛清で職を解かれ、収容施設に入れられている。しかし長く続いた過酷な任務から解放されたためか、その表情は穏やかであった。

ラルフ

王都の中央第一憲兵団所属の年配兵士。サネスと行動している。調査兵団を見下している。
サネスとともに調査兵団に捕まり、リヴァイとハンジに脅されて、サネスを裏切ったかのような演技を強いられ、結果として拷問に耐えたサネスの心が挫けることとなる。

デュラン

中央第一憲兵団対人制圧部隊所属の男性兵士。ストヘス酒場に逃げ込んだリヴァイを屋根で待ち伏せするが、窓から投げられた椅子をリヴァイと誤認して銃撃した隙を突かれ、リヴァイに立体機動装置のアンカーで喉を射抜かれて死亡、挙句の果てにその遺体はリヴァイが対人制圧部隊の包囲網を突破するための盾にされてしまった。

トラウテ・カーフェン

中央憲兵団・対人立体機動部隊の副官。部隊創設時からのメンバーで、ケニーとは憎まれ口を叩き合える存在。氏名は別冊少年マガジン2016年3月号に掲載された読者からの一問一答コーナーで明らかになった。

身分や使命を以っても抗い難い壁内世界の根源的な不安定さや不条理を彼女なりに認識しており、そうした閉塞感を打開する望みをケニーの野心に見出したことで彼の同志となっていた。
エレンとヒストリアを拉致した後はレイス家礼拝堂地下洞窟に陣を構え、奪還に来た調査兵団を迎撃する。巧みな駆け引きでハンジを負傷させ、調査兵団の足止めに一役買うがケニーは巨人化能力奪取に失敗し、さらに巨人化したロッドが制御不能状態になった想定外の事態に対処できず、生き残りの隊員らと共にケニーと合流しようとするが洞窟の崩落に巻き込まれて潰される。

1