1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

一度は行ってみたい!近年話題の『本屋』が超楽しそう

カフェ併設の本屋などは特に目新しくも感じなくなりましたが、近年では他にも多くの個性的な書店が話題になっているようです。本好きな人はもちろん、いつもは読書の習慣が無い人でもここに行けば楽しい時間を過ごせそう。

更新日: 2017年04月04日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1201 お気に入り 212083 view
お気に入り追加

◆泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」がリニューアル

最大の特長は、本棚の中にベッドが埋め込まれているスタイル。本棚には、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」が選んだ本がズラリと並び、利用者に、好みの本を読みながら寝落ちしてしまう…という幸せな体験を提供

「BOOK AND BED AND BAR」で宿泊者向けにアルコールを販売。読書をしながら寝落ちしてしまう幸せな体験はそのままに、アルコールも楽しむことができる空間へと進化

宿泊せずに館内の空間を気軽に楽しめるデイタイムプランも用意する。「BOOK AND BED TOKYO」の利用者層は、85%が20代から30代、女性は70%に及ぶという。外国人観光客の利用率は33%

池袋にある泊まれる本屋いってみたい。泊まりたい。近々バーも併設されるらしいのでお酒も飲みたい。。。 pic.twitter.com/rz63Jz3S7o

池袋に泊まれる本屋あると聞いて。 かなり行ってみたい。

@ohitashi_st 泊まれる本屋なんてええな、、寝る瞬間きもちいよなぁ

◆この施設の京都店ではビールも飲める

選書のセンスの良さで知られる人気の書店「恵文社一乗寺店」(京都市左京区)が選んだ小説や漫画、写真集、哲学書、ガイド本など幅広いジャンルの約3300冊がそろう

ビールの飲める「泊まれる本屋」としてアップグレード。京都産を中心に数種類の地ビールを揃え、館内のバースペース「BOOK AND BED AND BEER」で、宿泊者向けに販売する

部屋のタイプは、本棚のベッドで眠れる「BOOK SHELF STANDARD」(220×110センチ)、「BOOK SHELF COMPACT」(220×90センチ)に加え、近くを流れる鴨川を見ながら読者できる「RIVER VIEW COMPACT」(220×90センチ)の3種類

京都は泊まれる本屋がコンセプトのところに泊まったけど快適だしおしゃれだしいろいろ置いてあるし、あったかい感じですごいいいところだったからまた行きたい… こんどはゆっくりしたい pic.twitter.com/bKmsL62aEJ

◆一方、ジュンク堂では店内で泊まれるツアーを不定期開催

「ジュンク堂書店 立川高島屋店」で開催

不定期に開催されているこのツアーは、抽選で数組だけが招待される限定イベント

もちろん、実際に書店内に住むというのは店員といえどもできないのですが(笑)・・・、お店がお休みの日に一晩だけだったら店内で過ごして頂いてもいいんじゃない?

深夜のジュンク堂書店でコスプレ撮影 6月開催 「正直かなりの手探り企画」 bit.ly/2o4y1Ul pic.twitter.com/q3hi3BQ5ID

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!